ものの が たり。 心と体で学ぶ、人生にとって大切なことvol.03

祇園祭の情景が浮かぶ亀廣永の『したたり』と干菓子!一度食べてみたい伝統の逸品

ものの が たり

不気味なものの肌に触れる、みた。 〈触れてはならない〉という禁忌。 チヒロはナオヤに触れたがっているのだろうか。 相手の口を塞いで自分の手の甲を噛みちぎるあの儀式のような振る舞いは?川底に沈殿するものとは?謎をちりばめたまま突然事切れる物語。 この不穏でエロティックな空気がたまらない。 本作は構想段階の長編「FLOODS」の予告編的位置付けだという。 正直、何が何だかよくわからない映画ではある。 しかしその謎めいた断片を拾っては眺め、こねくり回して捨て、また拾って…という作業自体が楽しかったりもする。 チヒロの手に残る傷跡は聖痕であるという解釈を読んだ。 なるほどと思った。 で、それにかなり納得感があったので、ちょっと語彙やら考え方に引っ張られている部分はある笑 本作は前日譚ということだが、本編見てしまったら逆につまらない気もするし、もっと凄いものが待っているかもと夢が膨らんだりもする。 答え合わせをしたら、この独特の余白が損なわれてしまわないか。 〈不気味なものの肌に触れる〉って、どういうことなのだろう?と。 最初は人間ど距離感の話だったり、死のメタファーなのではないかと考えながら見ていたけど、どうやらそうでもないらしい。 そのまま〈不気味なものの肌に触れる〉ことそのものを描いているのではないかと思い始めた。 チヒロが主人公っぽいけど、彼の思考回路はまったく明かされない。 作品の中の空洞になっている。 一方、ナオヤ目線で〈不気味なものの肌に触れる〉を解釈すると、わりとすんなり行く気もする。 恋人に「距離を置きたい」と告げられ、ストーカーまがいのことをする。 チヒロと〈触れない〉ダンスを踊る。 最後、ナオヤはチヒロの肌に触れ「わかった」と呟き、警察に恋人殺しを自白する。 ナオヤはチヒロから何を感じ取ったのか。 〈不気味なものの肌に触れ〉た途端、洪水が川底ごと何もかもひっくり返して陸地を押し流すように(本作のドラマは全て河川敷で起こる)、ナオヤに何かなだれ込んだのではないか。 StarSpangledMan.

次の

人の数え方,「ひとり」「ふたり」の次は?/日本書紀より

ものの が たり

「~したり」の使い方は3つある 「動詞+たり」の話し言葉 「~したり」は、他動詞「~する(為る)」と動詞の連用形に付く「~たり」で構成された話し言葉です。 語尾の「たり」は複数の言葉を対等の関係でつなぐ「並立助詞」で、「食べたり飲んだり」のように「~たり、~たり」と動作や状態を並べて使うのが基本です。 近年では「作曲家として活躍したり、歌手としても有名」のように、後の「たり」が省略されるケーも増えていますが、こうした用法は間違いとされています。 「~したり」は継続の暗示 日常の会話の中で「~したり」が多く使われるのは、ある一定の期間に起こったことを例として並べる場合です。 「近況を報告しあったり、昔話で盛り上がったりした」とえば、すでに説明した「近況報告」や「昔話」のほかにもいくつかのシーンがあったことを後の「~たり」が暗示しており、話題豊富で賑やかなひとときだったことが伺えます。 「~したり」には繰り返しの意味も 次に、「晴れたり曇ったり」「行ったり来たり」のように対照的な2つの言葉を並べる用法です。 比較的短かい期間に同じ動作を繰り返すという意味合いをもち、目まぐるしく変わる不安定な気候や、慌ただしい様子をあらわしています。 反対に「飛んだり跳ねたり」「殴ったり蹴ったり」のように似た言葉を並べることで印象が濃くなり、その動作を強調するといった効果もあります。 後の「~たり」を省略する用法 「些細なことで怒ったりする」のように、「たり」を単独で使う用法も認められています。 こちらは類似の事柄の中からひとつだけを例にあげる用法で、誤用との違いは後の「~したり」が動詞ごと省略されている点です。 また、「人を試したりするな」「負けても泣いたりするな」といえば、「たり」を付けることで身のためにならない行為や愚かな行いを強調し、戒める意味があります。 「~したり」を使った表現と言い換え 「したり、しなかったり」は無関心 「発生したり、しなかったり」のように、対照的な言葉を「~たり」でつなぐ用法についてはすでに述べましたが、「そんな気がしたり、しなかったり」といった場合は「することもあれば、しないことも」の意味ではなく、「するような、しないような」という曖昧な表現です。 一体どちらなのかといえば「実はどちらでもよい」という解釈がぴったりでしょう。 「そんな噂があったり、なかったり」のように使います。 「~たりして」は可能性 「実は気があったりして」「もう遅かったりして」の「たり」は、その事柄を可能性のひとつして他の案と並べてみる表現です。 確立としては高くないものの可能性としてはゼロではないとか、「ひょっとして~かもしれない」という控えめな解釈です。 さらに弱気になると「~たりする?」のような疑問形になります。 論文の書き言葉や敬語の言い換え 「~したり」は話し言葉なので、書き言葉が基本となる論文や履歴書には不適切です。 「~や、~など」のように表現を変えましょう。 また、「~したり」を敬語表現として使いたい場合は、「する」を「なさる・される」などの敬語に変えて「相撲を観戦なさったり、土産物屋をご覧になったりと楽しそうなご様子でした」となります。 「したり顔」とは無関係 「うまくいったぞ」と言わんばかりに得意そうな顔つきを「したり顔(したりがお)」といいます。 この場合の「し・たり」は、「する(為る)」の連用形+「たり(完了)」で、「やってしまった・しまった」「よっしゃ」などの意味をもつ感動詞で、「~したり」とは別物です。 「~したり」を使った例文 「~したり」用法別の例文• 早起きしたり適度な運動を心がけたりすることは、生活習慣病の予防にとても効果があります。 最近の不安定な気象の影響で、野菜の価格が上がったり下がったりすることが増えた。 もしも登山中に遭難したと感じたときは、決して沢を下ったりしてはいけない。 無理をせず早めに来た道を引き返したり、助けを求めたりするのが基本だ。 「~したり」の英語表現• On Sunday nights I watch baseball on TV and read books. (日曜日の夜はテレビで野球中継を観たり、本を読んだりしています。 Some of the pupils are men and some are women. (学生は男性だったり、女性だったりします。 The weather is sometimes hot and sometimes cold these days. (最近の天気は、寒かったり暑かったりです。 ) 「~したり」の韓国語表現• 쉬는 날에는 빨래를 하거나 청소를 합니다. (休みの日は、洗濯したり掃除したりです。 내일은 흐리거나 비가 오겠습니다. (明日は曇ったり、雨が降ったりするでしょう。 ) まとめ 日常会話でも気軽に使われることの多い「~たり、~たり」の言い回しですが、プロのアナウンサーであっても後の「~たり」を落として視聴者の指摘を受けることがあるようです。 誤用が生じる理由としては、「したりしました」のように語感が悪くなったり、文章が長くなるのを避けてしまうことが考えられますが、使う際には用法を守って文体を整えたいものです。

次の

心と体で学ぶ、人生にとって大切なことvol.03

ものの が たり

作品リスト [ ] ものたりぬ名義 [ ]• りっぷすてぃっく()• これもんシスターズ(徳間書店:アニメージュコミックス)• お嬢さまドキッドキッ! の名でより再出版。 短編5作品を追加。 ももだっち()• ダッチー理緒(司書房)• ももろいど理緒の名でより再出版。 元祖ももだっち(:)• ぱうぱうシアター(桃園書房)• ヨイショ!! で花道(:男のコミック)• (双葉社:)• (双葉社:メンズアクション)• おまかせ バニーメイド(双葉社:メンズアクション) ほか みなづき由宇名義 [ ]• これもんアイドル(徳間書店:)• あこがれてエンジェル (徳間書店:)• 必勝テクニック完ペキ版 (徳間書店:わんぱっくコミック)• 2、3• 上、下 ほか• ディープダンジョン外伝(徳間書店:わんぱっくコミック)• 単行本はものたりぬ名義でダークダンジョンと改名、2006年10月13日にみなづき由宇名義で復刻、双方とも出版は桃園書房。 小学生からできる わくわくまちがい探し(桃園書房)• コミックジャンボの巻末に掲載されていた間違い探しを加筆の上単行本化。 関連項目 [ ]• - 半年間ほどアシスタントをしていた。 脚注 [ ]• 上での発言。 外部リンク [ ]• (公式サイト)•

次の