眼窩 骨折。 眼底骨折ってなに?失明する可能性もある?症状や治療法を知ろう!

スポーツで目の骨折?誰にでも起こりうる「眼窩底骨折」を知る

眼窩 骨折

眼窩底の骨は薄く、骨折しやすい 眼球が収まっている顔面の骨がつくるくぼみを眼窩といいます。 眼窩はいくつかの骨で構成されており、打撃に弱い眼球を守っています。 眼窩周辺の骨のイラスト ところが、目に強い衝撃が加わったときに眼は守られるのですが、ちょうどガラス瓶を叩いて瓶の底が抜けるように、薄くて弱い眼窩底や内側壁の骨が骨折します。 すなわち、打撲により骨に囲まれた密室である眼窩内で行き場のなくなった圧力が一気に高まって内圧が急上昇し、脆弱な眼窩壁が「吹き抜ける」ようにして骨折が起きるのです。 このため「ブローアウト(吹き抜け)骨折」とも呼ばれます。 吹き抜け骨折のなかでも、眼窩底の骨が折れることが多いため眼窩底骨折が有名です。 眼窩底が薄くできているのは失明に至る眼球破裂を防ぐためだ、とする説もあります。 眼窩底の骨が折れることによって、眼球が受ける決定的かつ壊滅的な衝撃を緩和しているのではないか、というわけです。 スポーツや交通事故が原因で起こる 眼窩底骨折は交通事故によって起こることもありますが、よくあるのは、野球やサッカーなどの球技、ボクシングやラグビーなど身体と身体がぶつかるコンタクトスポーツなどでの事故によるものです。 これらのスポーツでは顔面に衝撃を受ける場面が珍しくないため、アスリートたちに「慣れ」があるのか、骨折しても気づかずにいることが少なくないようです。 目の腫れや痛みだけでなく、眼球運動障害や複視が生じることも 眼窩底骨折が起こると、眼の腫れや眼球を動かすときの痛みだけでなく、眼球運動障害(眼を動かしにくくなる)や複視(ものがダブって見える)といった症状が現れることがあります。 眼球を動かす筋肉である外眼筋が骨折部に落ち込んだり、眼球の位置がズレてしまったりすることで起こる症状です。 ほかに、吐き気や頬部の知覚異常などが生じることもあります。 重症例や閉鎖型眼窩骨折の場合は手術を 眼窩底骨折の診断は、眼球運動の観察と、頭部画像検査(X線・CT・MRI)によって行います。 一般的に、複視の症状が認められない場合には、眼球運動のリハビリを行いながら経過を観察します。 一方、数週間たっても複視が回復しない場合や、最初から眼球が眼底に落ち込んでしまっているような重症例では、手術を行います。 手術では、正常な眼球運動を取りもどすために、折れた骨を元の位置に戻す再建術を行います。 折れた骨が欠損してしまっている場合には、人工材料で代用することもあります。 患者さんがお子さんや若い方の場合で、吐き気や眼球運動時の痛みがあるときには、すみやかに頭部CT検査を行います。 吐き気があるときは頭蓋内出血の可能性がありますし、眼球を動かしたときに痛みが出るときには閉鎖型眼窩骨折の可能性があるからです。 閉鎖型眼窩骨折とは、骨が未熟で柔らかい場合に起こるタイプの骨折で、身体発達の途上にあるお子さんや若い方によく起こります。 骨が柔らかいと骨折が不完全になり、そのせいで、眼球に付随している組織が骨折部に挟まれたままの状態になってしまいます。 挟まれた部分には血が通わなくなり組織が虚血に陥る恐れがあるため、緊急に手術を行う必要があります。 処置が遅れると眼球運動障害が後遺症として強く残ってしまうこともあります。 眼窩底骨折が疑われたら 眼窩底骨折では、多くの場合、血の混じった鼻水が出ます。 このとき強く鼻をかむと、眼窩内に空気が流入してしまい、それによって眼球運動障害が悪化することがあります。 眼窩底骨折が疑われるようなケガをしたときは、鼻をかまないように注意し、すみやかに医療施設を受診しましょう。 骨折というと、多くの方は整形外科を思い浮かべることと思いますが、眼窩骨折に対しては、形成外科や眼科、あるいはそれらが連携して治療に当たる施設が増えています。 ひとまず眼科に相談されることをおすすめします。

次の

頬骨骨折の症状・診断・治療 [骨・筋肉・関節の病気] All About

眼窩 骨折

眼窩底破裂骨折 (がんかていはれつこっせつ) 人間の眼球は、頭蓋骨(ずがいこつ)の中の窪(くぼ)んでいる部分に収まっています。 この眼球が入り込んでいる窪み(くぼみ)のことを、「眼窩(がんか)」といいます。 眼窩(がんか)の下側を骨折することを、「眼窩底破裂骨折(がんかていはれつこっせつ)」といいます。 眼窩底破裂骨折(がんかていはれつこっせつ)は、「吹き抜け(ふきぬけ)骨折」とも呼ばれます。 交通事故のケースでは、事故によって顔面を強く打撲したときに、眼窩底(がんかてい)を骨折することが多いといわれています。 特に、自転車やバイクの運転者、歩行者に生じることが多いといわれています。 (1)眼窩(がんか)の構造 人間の眼窩は、7つの骨で構成されています。 頬骨(きょうこつ)、上顎骨(じょうがくこつ)、涙骨(るいこつ)、篩骨(しこつ)、前頭骨(ぜんとうこつ)、口蓋骨(こうがいこつ)、蝶形骨(ちょうけいこつ)です。 眼窩の上部は「前頭骨」で形成されており、下部は「上顎骨(じょうがくこつ)」によって形成されています。 前頭骨と上顎骨は強度があるため、骨折しにくい部位だといわれています。 これに対して、篩骨(しこつ)は厚みが非常に薄く、軽い衝撃によって容易に骨折してしまいます。 眼窩の中には、眼球・視神経)・外眼筋・涙腺などの付属器神経や、血管、脂肪などが収納されています。 これらを「眼窩内容物」といいます。 眼窩の上側と下側には、小さな穴があります、上部の穴を「眼窩上孔(がんかじょうこう)」といい、下部の穴を「眼窩下孔(がんかかこう)」といいます。 (2)症状 眼窩底(がんかてい)を骨折すると、眼球周辺部に痛みを感じます。 眼球内の出血が鼻腔(びくう)から排出されて、鼻出血を生じることがあります。 眼窩底破裂骨折(がんかていはれつこっせつ)の症状は、非常に多くの種類があります。 眼球の運動障害、複視、 視野障害、眼球陥凹(がんきゅうかんおう)、瞼裂狭小化(けんれつきょうしょうか)、球後血腫(きゅうごしゅっけつ)、眼球内陥(がんきゅうないかん)、眼窩下神経領域(がんかかしんけいりょういき)の知覚障害や感覚障害などです。 複視(ふくし)とは、対象物が二重にぶれて見える症状のことです。 眼球陥凹(がんきゅうかんおう)とは、眼球が正常な位置よりも沈んだ状態のことです。 瞼裂狭小化(けんれつきょうしょうか)とは、まぶたが下がって目の幅が狭くなることです。 感覚障害とは、頬(ほほ)から上口唇にかけて痺れ(しびれ)を感じることです。 球後出血(きゅうごしゅっけつ)とは、骨折によって血管が損傷して血が溜まることです。 球後出血を発症すると、眼球や視神経や血管が圧迫されて、視力障害をもたらすことがあります。 眼球内陥(がんきゅうないかん)とは、骨折が広い範囲におよぶ場合に、眼球が眼窩の中に沈み込むことです。 「眼球陥入(がんきゅうかんにゅう)」や「眼球陥没(がんきゅうかんぼつ)」と呼ばれることもあります。 以上のように様々な症状がありますが、これらは密接に関連しています。 たとえば、眼窩底(がんかてい)を破裂骨折すると、眼球を支えている土台がなくなり、眼球が沈みます(眼球陥凹)。 眼球が沈むことによって、眼球のバランスが崩れて、目の幅が狭くなります(瞼裂狭小化)。 眼球のバランスが崩れたために、対象物にピントを合わせることができなくなり、ものが二重にぶれて見えるようになります(複視)。 このように、眼窩底破裂骨折(がんかていはれつこっせつ)の症状は、どれも密接に関連しています。 骨折の態様によっては、眼球の上転障害(じょうてんしょうがい)が生じることがあります。 上転障害とは、上を見ようとしても眼球が上側に動かないという症状です。 下の写真を見てください。 黄色の丸で囲った部分が、眼球の上転障害です。 合併症としては、脳震盪(のうしんとう)、脳挫傷(のうざしょう)、眼窩下神経障害(がんかかしんけいしょうがい)などを発症するおそれがあります。 (3)診断 眼窩底破裂骨折(がんかていはれつこっせつ)は、脳神経外科での検査が必要となります。 眼窩底破裂骨折の検査は、XP(レントゲン)、CT(スキャン)、MRI(エムアールアイ)によって行います。 どのような検査が必要となるかは、被害者の症状によって異なります。 眼窩(がんか)の内側壁(ないそくへき)を骨折している場合は、CT(スキャン)が有効です。 眼球陥凹(がんきゅうかんおう)の疑いがある場合は、頭部の3DCT(立体スキャン)が有効です。 頭部に外傷を受けている場合は、これらの検査に加えてMRI撮影を行うことが有効となります。 このように、どのような検査を行うかは、被害者の症状に即して臨機応変に判断しなければいけません。 症状に即した医学的資料があれば、後遺障害を申請する際に有用な証拠となります。 XP(レントゲン)、CT(スキャン)、MRIのいずれが有用な証拠となるかは、被害者の症状によって異なります。 お手元の検査資料が証拠として十分であるかどうか分からないという方は、当事務所までご相談ください。 (4)治療 眼窩底破裂骨折の治療は、整復手術(せいふくしゅじゅつ)によって行います。 整復(せいふく)とは、正常な位置からずれてしまった骨を元の位置に戻すことです。 骨折がごく軽度である場合は、手術を行わずに経過観察をします。 経過観察となるケースは、多くありません。 ほとんどの場合は、手術が必要となります。 手術が必要となるケースは、下記のどちらかに該当する場合です。 後遺症としては、複視や醜状障害(しゅうじょうしょうがい)が代表的です。 複視とは、対象物が二重にぼやけて見える症状のことです。 複視には、2種類あります。 「正面視での複視と「左右上下での複視」です。 どちらの種類なのかによって、後遺障害の等級が決まります。 正面視での複視は、深刻な頭痛や眩暈(めまい)の原因となります。 このため、日常生活や業務に著しい支障をきたすものとして、後遺障害等級10級2号の対象となります。 左右上下での複視は、軽度の頭痛や眼精疲労(がんせいひろう)の原因となりますが、正面視の複視ほどの大きな支障はありません。 このような症状は、後遺障害等級13級2号の対象となります。 複視の検査は、ヘスコオルジメーター(ヘススクリーンテスト)によって行われます。 複像表のパターンによって、複視かどうかの診断を行います。 眼窩底破裂骨折(がんかていはれつこっせつ)によって、顔面に傷あとが残った場合は、醜状障害として後遺障害を申請することができます。 眼球周辺に10円銅貨よりも大きい傷あとが残った場合は、後遺障害等級12級に認定される可能性があります。 線状の傷あとの場合は、傷あとが3センチ以上であれば、後遺障害等級12級に認定される可能性があります。 傷あとに限らず、外見上に目立つ特徴が残った場合は、醜状障害として後遺障害を申請することができます。 たとえば、眼窩底破裂骨折を原因としてよだれが止まらなくなった場合や、頬から上口唇周辺にかけて痺れが残った場合などは、醜状障害に認定される可能性があります。 ただし、このような醜状障害を後遺障害として申請するには、難易度の高い立証が必要となります。 たとえば、よだれが止まらないことを示すビデオや写真を撮影して、3DCT(3Dスキャン)によって変形性骨癒合を立証し、さらに医師による顔面知覚検査を後遺障害の資料として提出するなど、被害者の症状に応じて適切な資料を精査しなければいけません。 眼窩底破裂骨折(がんかていはれつこっせつ)による醜状障害を後遺障害として申請する場合は、被害者の症状を専門的に分析して適切な資料を準備しなければいけません。 専門的で難易度が高い手続きとなりますので、交通事故に精通した弁護士にご依頼されることをお勧めいたします。 当事務所では、日頃から交通事故の解決に力を入れており、福岡をはじめとして九州各地からたくさんの方々にご相談に来ていただいております。 交通事故のご相談は初回は無料で受け付けておりますので、眼窩底破裂骨折(がんかていはれつこっせつ)でお悩みの方は、ご予算を気にすることなくお気軽にご相談ください。

次の

眼窩底骨折~回復までの道のり~

眼窩 骨折

眼窩の疾患• 眼のまわりの骨折 眼のまわりの骨折には眼窩底骨折、眼窩内側壁骨折、眼窩上壁骨折、顔面多発骨折に伴うものなどがあります。 眼窩底骨折 眼球にボールが当たったり、肘や膝が当たったりして眼球を支えている薄い骨(眼窩底)に骨折を生じます。 症状として複視、眼球陥凹、頬部や上唇のしびれを生じます。 小児で高度な眼球運動障害を認める場合などは、受傷後早期の手術が望ましい場合もあります。 手術は主に2つの種類があります。 1つ目は骨折部に陥没した眼窩内容(主に脂肪組織)をもとの位置に戻し、骨欠損が生じた場合、骨・軟骨移植あるいは人工物(人工骨などの人工材料)を移植して眼窩底を修復する方法です。 2つ目は眼窩底の下の空間に当たる上顎洞の中に、風船のように膨らむ材料(上顎洞バルーン)を鼻から入れて3-4週間留置しておく方法です。 内視鏡を併用して顔面には一切傷をつけないで整復する方法です。 琉球大学医学部附属病院 形成外科では近年2つ目の方法を行うことが多くなっています。 左側眼窩底骨折を認めます。 左眼球の上転障害を認めていましたが、術後には改善しているのがわかります。 眼窩内側壁骨折 眼窩底骨折の発生と同じ原因で、眼窩の内側に骨折を生じることがあります。 眼球運動障害や、眼窩陥凹の原因となりえます。 琉球大学医学部附属病院では耳鼻科と共同して内視鏡手術を行って整復を行っています。 顔面に一切傷をつけずに鼻の中から眼窩内側壁骨折部に到達し、同部を整復する方法を行っています。 術後3-4週間、シリコンシートで固定を行います。 ただし、受傷の状況が重症な場合は、経涙丘的に眼窩内側壁骨折を整復することもあります。 眼窩上壁骨折 受傷の仕方によっては、眼窩上壁が骨折することもあります。 骨折片が眼窩内入り込み、(blow in)、眼球を圧迫して眼球運動障害をきたすことがあります。 頭蓋底骨折を合併して髄液漏をきたすこともあります。 眉毛下切開、冠状切開(頭皮全体の切開)を行って骨折部を整復します。 陳旧性の場合は骨を削ったり、人工骨を充填したりして外観を整えることも行います。 右眼窩上壁骨折を認めます。 骨折片が眼窩内に入り込んでいたのを整復します。 前頭骨部分も整復して外観を整えています。 顔面多発骨折 交通事故、転落などの高エネルギー外傷により、顔面全体の骨折をきたすことがあります。 骨折の態様によって、様々なタイプの眼窩周囲骨折を合併します。 丁寧に整復をすることにより、なるべく元の形にちかづけるようにします。 眼球陥凹 眼球陥凹とは眼が奥に引っ込んだ状態のことで、前項の眼窩底骨折の後にしばしばみられます。 患者さんの状態に応じて自家骨移植、人工骨移植、脂肪移植、骨切術などをすることによって眼を前方に引き出すようにします。 狭い眼窩内に新たな組織を充填することが基本になるため、手術は慎重に行わなくてはなりません。 術後一過性の複視を認めることがありますが、通常は時間と共に軽快します。 義眼床形成 外傷や悪性腫瘍などが原因で眼球の摘出を余儀なくされることは稀ではありません。 患者様は視機能の喪失という問題だけでなく、整容面でも大きなハンディキャップを負うことになります。 失われた視機能を元にもどすことは難しいですが、眼の代わりとなる義眼を装着することにより整容面でのハンディキャップを少し軽くすることができます。 この義眼を入れるスペースを作成するのが義眼床形成です。 琉球大学医学部附属病院 形成外科では義眼床形成に力を入れています。 義眼床形成は大きく次の3段階に手術が分かれます。 義眼の土台となる組織の充填(狭義の義眼床形成術)• 義眼を実際に挿入するためのポケットの作成(結膜嚢形成術)• 最終的な仕上げによる微調整(小修正術) 1狭義の義眼床形成術では必要な組織の量に応じて、血管柄付き遊離複合組織移植術、側頭筋膜移植術、真皮脂肪移植術、外側眼窩皮弁移植術、アクリルボール移植術などを行います。 琉球大学医学部附属病院 形成外科ではほとんど全ての術式を行うことが可能です。 状況に応じて複数の手術を組み合わせて、十分な組織を移植することにより、なるべく左右対象の眼窩形態の土台を形成することを目標としています。 2結膜嚢形成術では、実際の義眼をいれるためのポケットを作成します。 一般的にこのポケットが術後にとても狭くなりやすく、義眼が落ちてしまう原因になっています。 J Plast Reconstru Aesthet Surg. 65 11 :1598-9 2010 3最終的な仕上がりを左右対称に近づけるための小修正術を行います。 状態に応じて複数回の手術が必要になることがあります。

次の