ヤバイ ニュース(・∀・)。 「ネットで噂のヤバイニュース超真相」リリース

【国会予算委】蓮舫さん、ヤバイ。│ニュースちゃんねる

ヤバイ ニュース(・∀・)

視聴時間: 39:21 1 日本のアンダーグラウンドに生息する若者たちに流行しつつある過激な身体カルチャー「身体改造」。 2 下町育ちの身体改造マニアであり、自らの性器を大幅に改造しているマニア老人クニオ氏。 今回は放送可能な範囲内で氏の驚天動地な人生と身体を極限まで紹介!! 3 世界一平和な宗教ことお笑い宗教「おいおい教」。 しかし日本のエンタメ界に於いては、放送禁止、「R-1ぐらんぷり」も出禁。 お笑いライブも、ライブハウスもほぼ出禁。 そんな彼の日本一ともいわれる包茎を活かした男性器芸を初の映像化!! 視聴時間: 51:58 近年は草食化の一途を辿り、直接的なセックスから離れていく若年層男性が増加している一方、誰の誘いも断らないどころか自ら積極的に性行為を求める《ヤリマン女性》が急増中! 果たして、貞淑は日本古来の美徳であったのか? その実情の最前線をレポート。 三万人の性体験を持つ女、一晩で26人とセックスした女、味噌ラーメン1杯でセックスした女、26人の愛人と関係を続けた女、2,000人と生中出しした女等々、プロ・素人入り乱れてのヤリマン女性軍団が総登場。 果たして診断結果は? また、たった10分で誰でも名器になれるという手術を受診!?

次の

【国会予算委】蓮舫さん、ヤバイ。│ニュースちゃんねる

ヤバイ ニュース(・∀・)

少年漫画の代表格『ONE PIECE(ワンピース)』。 具体例を挙げて説明しよう。 本日2020年3月16日、 少女漫画家・槙ようこ先生描き下ろしの『ワンピース』ゲームコラボレーションイラストを公開された。 そこには主人公ルフィをはじめ、四皇のビッグ・マムことシャーロット・リンリンなどが描かれているのだが、 端的に言って誰やねんな事態となっているのだ。 「りぼん」で活躍した、あえてジャンル分けをするなら 少女漫画の作家である。 ザ・少年漫画な『ワンピース』とは対極の作風のように思えるのだが、物語のあらすじを読んでみると、 予想以上に大変なことになっているため以下でご紹介したい。 「あまいあまい乙女の花園、私立ホールケーキ学園に、手が伸びる特殊能力を持つ壁ドンが得意な男子高校生『ルフィ』がやってきた。 彼をひとめ見たその時、お菓子にしかトキめかないはずの生徒会長『シャーロット・リンリン』の身に異変が……!? 学園に恋の嵐が吹き荒れる!! 」 そう、 一字一句あますことカオスである。 多少は「ジャンプ」に寄せていくかと思いきや、完全に「りぼん」をバトルフィールドとして選択しているではないか。 一切妥協なしの超ストロングスタイルに、少女漫画家としてプライドを感じずにはいられない。 ・誰やねん ここで注目は、主人公ルフィの設定である。 イケメン高校生に改変されているのはまだいいとして、「手が伸びる特殊能力を持つ」って そこは変えないのかよ。 学園ラブコメで手が伸びちゃうキャラはアカンだろう。 しかもこの能力、目的が 「いつでも壁ドンできるように」らしいぞ。 お前は何を言っているんだ。 そしてルフィ以上にヤバイのが ビッグ・マムである。 我々が知る限りビッグ・マムとは、『ワンピース』の世界に君臨する4人の大海賊・四皇の一角にして、懸賞金43億8800万ベリーを誇る巨体のばあちゃんのはずだが…… え? ビッグ・マム……? ・カオス いや誰やねん。 この「りぼん」っぽい女子は誰やねん。 もしかして槙ようこ先生は、『ワンピース』を読んだことがないのではないか? だってあんた、ビッグ・マムって 一人称「おれ」だからね。 絶対「ハ~ハハママママ!」とは笑わなそうである。 念のためもう一度言おう。 誰やねん。 なにやら本家より続きが気になってしまう学園版『ワンピース』。 ただ残念なことに、このゲームが 実際に発売される予定はないらしい。 マジかよ~。 まあ発売されたら海軍大将が動くレベルの事件になりそうなので、世界の均衡を考えるとその方がいいのだろう。 続きは各自で夢想してください。

次の

「ネットで噂のヤバイニュース超真相」リリース

ヤバイ ニュース(・∀・)

福井県生まれの中国籍女子プロゴルファー、セキ・ユウティンが可憐な私服姿を披露した。 金曜日夜に自身にインタグラムを更新、貴重なプライベートカットを公開している。 練習終了後のリフレッシュで訪れたのは、拠点を置く滋賀県内のショッピングモールだ。 閉店間際なのかあたりは閑散としており、自身がストリートの中央をニコヤカな表情で歩くショットを一挙に5枚も投稿。 青いシャツに黒のミニスカートを合わせ、すらりとした長い脚を惜しげもなく披露している。 そして「穏やかな夕方の風は、いつも嫌な気持ちを吹き飛ばしてくれます」との一文が添えた。 可憐なショットをチェックしたインスタ・フォロワーからは、賛辞の声が続々と寄せられている。 日本での本格的な生活も早や5年目。 その初陣となった先月の「アース・モンダミンカップ」では、いきなり通算7アンダー・13位タイと大健闘を見せた。 今季旋風を巻き起こしそうな気配の22歳。 次戦となる「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」(8月14〜16日)での躍進にも期待がかかる。 【移動に関する感染対策】 ・感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える ・帰省や旅行はひかえめに 出張はやむを得ない場合に ・発症したときのため誰とどこで会ったかをメモにする ・地域の感染状況に注意する• 3 日常生活の各場面別の生活様式 【買い物】 ・通販も利用 ・1人または少人数ですいた時間に ・電子決済の利用 ・計画を立てて素早く済ます ・サンプルなど展示品への接触は控えめに ・レジに並ぶときは前後にスペース• 【公共交通機関の利用】 ・会話は控えめに ・混んでいる時間帯は避けて ・徒歩や自転車利用も併用する• 【食事】 ・持ち帰りや出前 デリバリーも ・屋外空間で気持ちよく ・大皿は避けて料理は個々に ・対面ではなく横並びで座ろう ・料理に集中 おしゃべりは控えめに ・お酌 グラスやお猪口の回し飲みは避けて• 【娯楽 スポーツ等】 ・公園はすいた時間や場所を選ぶ ・筋トレやヨガは自宅で動画を活用 ・ジョギングは少人数で ・すれ違うときは距離をとるマナー ・予約制を利用してゆったりと ・狭い部屋での長居は無用 ・歌や応援は十分な距離かオンライン• 【冠婚葬祭などの親族行事】 ・多人数での会食は避けて ・発熱やかぜの症状がある場合は参加しない.

次の