恐れ入る 類語。 「頭が下がる」の意味は?「頭が上がらない」との違いや類語を例文で解説

「恐れ入ります」の意味と使い方は?類語や例文を教えて?

恐れ入る 類語

「恐れ多い」と似た言葉にはどのような言葉があるのでしょうか。 この項では「恐れ多い」と同じような意味を持つ言葉について、ご紹介します。 似た言葉を知って、「恐れ多い」と言う言葉のイメージを固めましょう。 もったいない 「もったいない」は「ありがたいこと」や「役に立つものを無駄にされて惜しいこと」などの意味を持つ言葉です。 「恐れ多い」とは「ありがたいこと」という意味を持つところで、同じ意味を持つ言葉といえるでしょう。 「もったいないお言葉です」や「もったいない機会だ」というような使い方をします。 「恐れ多い」よりも、より日常的に使える言葉であるといえます。 ありがたい 「ありがたい」は「滅多になく嬉しいこと」という意味の言葉です。 「恐れ多い」と同じ意味を持つ言葉であるといえます。 「ありがたいお言葉を戴く」や「ありがたいことです」といった使い方をします。 かたじけない 「かたじけない」は「人からもらった好意がありがたく、感謝にたえないこと」や「身が縮むほどありがたいこと」を意味する言葉です。 「恐れ多い」と同じように、「自分にはもったいないような嬉しいこと」に使う言葉であるといえます。 「かたじけない限りです」や「かたじけなく思います」というように使います。 少し古風な言い回しであると言えるでしょう。 身に余る 「身にあまる」は「自分の受けた扱いが自分の身分や自分のしてきたことをかんがみて、良すぎること」を意味する言葉です。 「恐れ多い」と同じように、「自分にはもったいなくてありがたいこと」に使います。 「身に余るご厚意ありがとうございます」や、「身に余るお言葉です。 」といったように使います。 「恐れ多い」の例文 それでは、「恐れ多い」を実際に使うときには、どのように使うのでしょうか。 この項では「恐れ多い」を使った文章をいくつかご紹介します。 文章を読んで「恐れ多い」という言葉の使い方のコツを掴みましょう。 恐れ多いことでございます 「自分にはもったいない、ありがたいことです」という意味や、「自分で(そうしたことをするの)は失礼にあたるので、とてもできないです」という意味の文章です。 どうして2つの意味ができてしまうのか、というと「恐れ多い」は使う場面によって意味が変わるからです。 例えば、お客様からお褒めの言葉をもらったときに、「恐れ多いことでございます」といったのであれば、「自分にはもったいない、ありがたいお言葉です」といった意味になります。 これに対して、誰かから自分にとって尊敬する人に対して、何か頼みごとをすればいいんじゃないか、と提案されたときに、「恐れ多いことでございます」といったのであれば、「そんなことはと大変失礼にあたるので自分にはできないです」というような意味になります。 このように、使う場面によって「恐れ多い」という言葉は意味を変える言葉であるといえます。 恐れ多いように感じる この文章も「自分にはもったいないように感じる」とも「自分には失礼に思えるので、とてもじゃないけどできないように感じる」というように、二つの意味で捉えることができます。 ただし、この文章は「自分の気持ち」を表す文章なので、どちらの意味も含んでいると解釈して良いでしょう。 「自分にはありがたすぎる気がするし、分不相応な気がする」といった意味の文章と言えます。 「恐れ多い」という言葉はよく、「恐れ多いお言葉」という形で使われます。 ではこの、「恐れ多いお言葉」とは例えばどのようなことなのでしょうか。 これは実は人によって異なります。 というのも、「恐れ多いお言葉」とは、その言葉を受け取った人にとって、それが「ありがたく身にあまる言葉」であるからです。 つまり、ある人にとってはなんてことない言葉であっても、その人にとって「ありがたくてもったいない言葉」と感じたのであれば「恐れ多い言葉」であると言えます。 一般に、自分が尊敬する人からもらった褒め言葉や、年上の方や自分より技量の上の人や、身分がずっと上の人からもらう褒め言葉や、励ましの言葉などが、「恐れ多い言葉」と呼ばれます。 「恐れ多い」のビジネスでの使い方 「恐れ多い」という言葉は、「目上の人に使う言葉」で、「自分にはもったいないこと」や「自分では失礼にあたること」などを表現する言葉です。 敬語には「謙遜した言葉遣い」や「目上の方に使う言葉遣い」などがありますので、こういったことを考えると、「恐れ多い」という言葉は敬語との組み合わせがとても良い言葉であると言えます。 特に「恐れ多い」という言葉の意味をふまえると、敬語の中でも「自分に関することをへりくだっていう」謙譲語との相性が良いと言えます。 「へりくだる」という言葉は「自分の立場を低く見せること」という意味の言葉です。 「恐れ多い」は「自分には身に余ること」について語る言葉です。 これは自分のことを低く評価している、といえます。 ですので、謙譲語と「恐れ多い」という言葉の組み合わせは非常に良いといえます。 謙譲語と「恐れ多い」の組み合わせ例 例えば、「恐れ多いお言葉に感謝いたします」という敬語の表現は、「言葉」という言葉に「お」という敬語の美化語にあたる言葉をつけて、さらに「する」という言葉を敬語の謙譲語にあたる言葉で、「いたす」という言葉に変えた表現です。 他にも、「恐れ多くも、申し上げます」という言葉も、「言う」という言葉を、謙譲語の「申す」に変えた表現です。 このように、「恐れ多い」と謙譲語は組み合わせて使うことができます。 謙譲語が「目上の人に対して、自分について語るときの言葉遣い」であることや、「恐れ多い」という言葉が「自分の身に余ること」を表現することから、目上の人や他の人に関係することに対して、「恐れ多い」という言葉を敬語で使うことはない、といえます。 「恐れ多い」と「おこがましい」の違い 「おこがましい」という言葉も、「恐れ多い」と同じように、自分自身について語るときに使うと、謙遜したり、へりくだったりする表現になる言葉です。 この「おこがましい」という言葉と「恐れ多い」という言葉は、どのような違いがあるのでしょうか。 この項ではその違いと使い分けについて考えてみましょう。 「おこがましい」の意味 「おこがましい」とは「身の程をわきまえない、分不相応で出過ぎたことや生意気なこと」という意味のある言葉です。 例えば目下の人が目上の人に対して「良い仕事しましたね」と褒めたりする行為なども、「おこがましい」という言葉で表現できます。 言葉の意味はあまり良くないといえますが、自分に対して使う場合には、上記でもお伝えしたように謙遜した表現になります。 例えば、「私などがいうのはおこがましいかもしれないが、才能があると思う」や、「親である私がいうのはおこがましいが、よくできた娘だ」などというときは、自分のことを「大した人間ではないけど」と謙遜していると言えます。 「おこがましい」と「恐れ多い」 では、「おこがましい」と「恐れ多い」にはどのような違いがあるのでしょう。 「恐れ多い」の意味を確認すると、「自分にはもったいなく、ありがたいこと」や「自分では失礼にあたると思えること」というような意味です。 これに対して「おこがましい」は「身の程をわきまえない生意気なこと」を指す言葉です。 このように二つの言葉の意味を並べてみると、「恐れ多い」はその言葉の意味自体に謙遜の気持ちが入っていますが、「おこがましい」にはそうした意味は含まれていないことが分かります。 また、「恐れ多い」には「もったいなくありがたい」という意味もありますが、こうした意味も「おこがましい」には含まれていません。 こうしたことから、「おこがましい」は謙遜の意味以外でも使うことが多い言葉といえますが、「恐れ多い」は謙遜の意味以外で使うことはない言葉だといえます。 いかがでしたでしょうか。 ビジネスでもよく使われる「恐れ多い」という言葉について、その意味や使い方、類語など詳しくみてきました。 「恐れ多い」という言葉をその字面だけでみると、「恐縮している様子」や「何か悪いことをしてしまったかのような雰囲気」を感じますが、実は感謝の気持ちも表せる言葉であることには、驚かれた方も多いのではないでしょうか。 「恐れ多い」に限らず、言葉の中には、その言葉の字面だけでは本当の意味を知ることができない言葉があります。 使い慣れない言葉や普段なんとなく使っている言葉も、たまには意味や使い方を調べてみると、より良いふさわしい表現を見つけることができる可能性があります。 時間があるときには、ぜひ普段使っている言葉に気を配ってみましょう。

次の

恐れ入るの類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

恐れ入る 類語

「恐れ多い」と似た言葉にはどのような言葉があるのでしょうか。 この項では「恐れ多い」と同じような意味を持つ言葉について、ご紹介します。 似た言葉を知って、「恐れ多い」と言う言葉のイメージを固めましょう。 もったいない 「もったいない」は「ありがたいこと」や「役に立つものを無駄にされて惜しいこと」などの意味を持つ言葉です。 「恐れ多い」とは「ありがたいこと」という意味を持つところで、同じ意味を持つ言葉といえるでしょう。 「もったいないお言葉です」や「もったいない機会だ」というような使い方をします。 「恐れ多い」よりも、より日常的に使える言葉であるといえます。 ありがたい 「ありがたい」は「滅多になく嬉しいこと」という意味の言葉です。 「恐れ多い」と同じ意味を持つ言葉であるといえます。 「ありがたいお言葉を戴く」や「ありがたいことです」といった使い方をします。 かたじけない 「かたじけない」は「人からもらった好意がありがたく、感謝にたえないこと」や「身が縮むほどありがたいこと」を意味する言葉です。 「恐れ多い」と同じように、「自分にはもったいないような嬉しいこと」に使う言葉であるといえます。 「かたじけない限りです」や「かたじけなく思います」というように使います。 少し古風な言い回しであると言えるでしょう。 身に余る 「身にあまる」は「自分の受けた扱いが自分の身分や自分のしてきたことをかんがみて、良すぎること」を意味する言葉です。 「恐れ多い」と同じように、「自分にはもったいなくてありがたいこと」に使います。 「身に余るご厚意ありがとうございます」や、「身に余るお言葉です。 」といったように使います。 「恐れ多い」の例文 それでは、「恐れ多い」を実際に使うときには、どのように使うのでしょうか。 この項では「恐れ多い」を使った文章をいくつかご紹介します。 文章を読んで「恐れ多い」という言葉の使い方のコツを掴みましょう。 恐れ多いことでございます 「自分にはもったいない、ありがたいことです」という意味や、「自分で(そうしたことをするの)は失礼にあたるので、とてもできないです」という意味の文章です。 どうして2つの意味ができてしまうのか、というと「恐れ多い」は使う場面によって意味が変わるからです。 例えば、お客様からお褒めの言葉をもらったときに、「恐れ多いことでございます」といったのであれば、「自分にはもったいない、ありがたいお言葉です」といった意味になります。 これに対して、誰かから自分にとって尊敬する人に対して、何か頼みごとをすればいいんじゃないか、と提案されたときに、「恐れ多いことでございます」といったのであれば、「そんなことはと大変失礼にあたるので自分にはできないです」というような意味になります。 このように、使う場面によって「恐れ多い」という言葉は意味を変える言葉であるといえます。 恐れ多いように感じる この文章も「自分にはもったいないように感じる」とも「自分には失礼に思えるので、とてもじゃないけどできないように感じる」というように、二つの意味で捉えることができます。 ただし、この文章は「自分の気持ち」を表す文章なので、どちらの意味も含んでいると解釈して良いでしょう。 「自分にはありがたすぎる気がするし、分不相応な気がする」といった意味の文章と言えます。 「恐れ多い」という言葉はよく、「恐れ多いお言葉」という形で使われます。 ではこの、「恐れ多いお言葉」とは例えばどのようなことなのでしょうか。 これは実は人によって異なります。 というのも、「恐れ多いお言葉」とは、その言葉を受け取った人にとって、それが「ありがたく身にあまる言葉」であるからです。 つまり、ある人にとってはなんてことない言葉であっても、その人にとって「ありがたくてもったいない言葉」と感じたのであれば「恐れ多い言葉」であると言えます。 一般に、自分が尊敬する人からもらった褒め言葉や、年上の方や自分より技量の上の人や、身分がずっと上の人からもらう褒め言葉や、励ましの言葉などが、「恐れ多い言葉」と呼ばれます。 「恐れ多い」のビジネスでの使い方 「恐れ多い」という言葉は、「目上の人に使う言葉」で、「自分にはもったいないこと」や「自分では失礼にあたること」などを表現する言葉です。 敬語には「謙遜した言葉遣い」や「目上の方に使う言葉遣い」などがありますので、こういったことを考えると、「恐れ多い」という言葉は敬語との組み合わせがとても良い言葉であると言えます。 特に「恐れ多い」という言葉の意味をふまえると、敬語の中でも「自分に関することをへりくだっていう」謙譲語との相性が良いと言えます。 「へりくだる」という言葉は「自分の立場を低く見せること」という意味の言葉です。 「恐れ多い」は「自分には身に余ること」について語る言葉です。 これは自分のことを低く評価している、といえます。 ですので、謙譲語と「恐れ多い」という言葉の組み合わせは非常に良いといえます。 謙譲語と「恐れ多い」の組み合わせ例 例えば、「恐れ多いお言葉に感謝いたします」という敬語の表現は、「言葉」という言葉に「お」という敬語の美化語にあたる言葉をつけて、さらに「する」という言葉を敬語の謙譲語にあたる言葉で、「いたす」という言葉に変えた表現です。 他にも、「恐れ多くも、申し上げます」という言葉も、「言う」という言葉を、謙譲語の「申す」に変えた表現です。 このように、「恐れ多い」と謙譲語は組み合わせて使うことができます。 謙譲語が「目上の人に対して、自分について語るときの言葉遣い」であることや、「恐れ多い」という言葉が「自分の身に余ること」を表現することから、目上の人や他の人に関係することに対して、「恐れ多い」という言葉を敬語で使うことはない、といえます。 「恐れ多い」と「おこがましい」の違い 「おこがましい」という言葉も、「恐れ多い」と同じように、自分自身について語るときに使うと、謙遜したり、へりくだったりする表現になる言葉です。 この「おこがましい」という言葉と「恐れ多い」という言葉は、どのような違いがあるのでしょうか。 この項ではその違いと使い分けについて考えてみましょう。 「おこがましい」の意味 「おこがましい」とは「身の程をわきまえない、分不相応で出過ぎたことや生意気なこと」という意味のある言葉です。 例えば目下の人が目上の人に対して「良い仕事しましたね」と褒めたりする行為なども、「おこがましい」という言葉で表現できます。 言葉の意味はあまり良くないといえますが、自分に対して使う場合には、上記でもお伝えしたように謙遜した表現になります。 例えば、「私などがいうのはおこがましいかもしれないが、才能があると思う」や、「親である私がいうのはおこがましいが、よくできた娘だ」などというときは、自分のことを「大した人間ではないけど」と謙遜していると言えます。 「おこがましい」と「恐れ多い」 では、「おこがましい」と「恐れ多い」にはどのような違いがあるのでしょう。 「恐れ多い」の意味を確認すると、「自分にはもったいなく、ありがたいこと」や「自分では失礼にあたると思えること」というような意味です。 これに対して「おこがましい」は「身の程をわきまえない生意気なこと」を指す言葉です。 このように二つの言葉の意味を並べてみると、「恐れ多い」はその言葉の意味自体に謙遜の気持ちが入っていますが、「おこがましい」にはそうした意味は含まれていないことが分かります。 また、「恐れ多い」には「もったいなくありがたい」という意味もありますが、こうした意味も「おこがましい」には含まれていません。 こうしたことから、「おこがましい」は謙遜の意味以外でも使うことが多い言葉といえますが、「恐れ多い」は謙遜の意味以外で使うことはない言葉だといえます。 いかがでしたでしょうか。 ビジネスでもよく使われる「恐れ多い」という言葉について、その意味や使い方、類語など詳しくみてきました。 「恐れ多い」という言葉をその字面だけでみると、「恐縮している様子」や「何か悪いことをしてしまったかのような雰囲気」を感じますが、実は感謝の気持ちも表せる言葉であることには、驚かれた方も多いのではないでしょうか。 「恐れ多い」に限らず、言葉の中には、その言葉の字面だけでは本当の意味を知ることができない言葉があります。 使い慣れない言葉や普段なんとなく使っている言葉も、たまには意味や使い方を調べてみると、より良いふさわしい表現を見つけることができる可能性があります。 時間があるときには、ぜひ普段使っている言葉に気を配ってみましょう。

次の

「痛み入ります」の意味とは?正しい使い方や類語を例文つきで解説

恐れ入る 類語

「頭が下がる」の意味と類語を紹介 慣用句の一つで「敬服」を意味する 「頭が下がる」という言葉は、一つの独立語として成立している慣用句の一つです。 「敬服する」「感服する」という意味を持っており、相手に対して尊敬や感心している様子を表す際に使用されます。 「頭が下がる」の類語は「恐れ入る」 「頭が下がる」の類語には「恐れ入る」「尊敬する」「感銘する」「一目置く」などという言葉があります。 全て相手に対し、尊敬や感心する意味が含まれている言葉です。 いつも「頭が下がる」を使うのではなく、会話の文脈に合わせて使い分けてみましょう。 「頭が上がらない」との違いとは? 「頭が上がらない」は負い目を感じる際に使用 「頭が下がる」とよく似た語感を持つ「頭が上がらない」という言葉ですが、意味は違ってきます。 「頭が上がらない」とは本来ならば対等な立場にあるはずなのに、自分の犯した失敗や相手への恩があるため、負い目を感じている際に使われます。 尊敬や感心の気持ちからくる「頭が下がる」とは、自分の置かれている状況が異なってきます。 単に上司と部下といった立場上、権力の差があり逆らうことができない場合も「頭が上がらない」を使うことができるので、場面によって意味を汲み取らなければなりません。 「頭が下がる」との使い分け方 「頭が下がる」と「頭が上がらない」は意味が違うためシーンによって使い分ける必要があります。 例えばあなたの配偶者が、家事や子育てをしつつ仕事にも就いており、収入にも差がない場合「頭が上がらない」を使います。 本来なら対等な立場の夫婦という関係ですが、家事や育児を配偶者に任せているという恩があるため、「頭が下がる」ではなく「頭が上がらない」を使います。 「頭が下がる」を使う際の注意点 目上に対し使うと失礼に 「頭が下がる」という言葉を目上に使うことは、失礼に値する場合があります。 初めに説明したとおり、「頭が下がる」という言葉は「尊敬」や「感心」という意味を持つため、元より尊敬の対象である目上の人へは適切ではないということです。 上司へ尊敬の言葉を告げたいのであれば、上記で紹介した類語や「お勉強させていただきます」を使いましょう。 ビジネスマナーとして目上の相手を褒めるという行為は、相手に対し失礼という考え方もあります。 相手の捉え方により、人それぞれ違ってくるので使ってはいけないと断言することはできませんが、そういう考え方もあるということを頭に入れておきましょう。 第三者に語る際は目上に対して使える 目上の人に対して「頭が下がる」は不適切である場合があることを説明しましたが、第三者へ語る際は問題ありません。 部長に対し頭が下がるという台詞を第三者に話しているため、失礼にはなりません。 「頭が下がる」を繰り返さない 「頭が下がる」という言葉を何度も繰り返し使うことは避けましょう。 何にでも当てはまることですが、同じ言葉を使うと会話がワンパターンになってしまいます。 言い回しを変えるか類語を使うなど工夫して、同じ言葉を繰り返すことは避けてください。 「頭が下がる」の使い方・例文を紹介 「頭が下がる思いでいっぱいです」を使った例文 「頭が下がる思い」というのは、尊敬や感心する思いのことを表しています。 」というように使えます。 「頭が下がります」を使った例文 例えば目的のために努力をしている人を尊敬する場合「寝る間も惜しんで、夢のために努力している彼の姿勢には頭が下がります。 」というように使えます。 「夢のために寝る間も惜しんで努力する彼の姿勢に尊敬します」という意味の文章です。 「頭が下がる人」を使った例文 「頭が下がる人」というのは「尊敬できる人」という意味を表しています。 例えば「彼は教師の中でも特に児童への愛が溢れており、周りよりも余計に頭が下がる人です。 」というように使います。 「周りの教師よりも、より一層尊敬できる人」という意味の文章です。 まとめ 日常会話でも使うことができる「頭が下がる」という言葉ですが、場面によっては失礼に値することもあります。 不安な場合は類語を使うなどして、相手に不快な思いをさせないよう気を付けてください。 「頭が上がらない」との使い分け方も難しいですが、社会人として間違った使い方をしないよう注意して使いましょう。

次の