自転車 後ろ ブレーキ 調整。 自転車のリア(後ろ)ブレーキ調整 : モモンハン日記

Cross Bike V Brake

自転車 後ろ ブレーキ 調整

Contents• クロスバイクのブレーキはVブレーキ クロスバイクで採用されるブレーキ 自転車用のブレーキには幾つか種類があります。 ロードバイク等で標準的なキャリパーブレーキやカンチブレーキ、シクロクロスなどで多いディスクブレーキ、そして クロスバイクで標準的なVブレーキが自転車で使用される主なブレーキの種類です。 クロスバイクをロードバイク寄りに改造カスタマイズするのであれば、コンポーネントに留まらず、ブレーキもロードバイクなどで一般的に使用されているキャリパーブレーキを取り付けたいところですが、クロスバイクのフレームには構造上の問題でキャリパーブレーキは取りけられません。 そのためロードバイクとクロスバイクを区別する際の一つのポイントとしてVブレーキが装備されているかどうかという点が挙げられたりもします。 とにもかくにもクロスバイクの乗る場合は Vブレーキの調整は必須事項になりますから、自らブレーキワイヤーやブレーキシューの交換、そしてVブレーキの調整は出来るようになっていた方が良いというわけで、Vブレーキの調整方法について解説しておきます。 ブレーキ調整は出来るようになっておくべし ブレーキは安全に走行する上で必要不可欠なので、万が一の時にもしっかりとブレーキングできるように走行前点検などの日頃の点検を欠かさずに行なうべきものの1つです。 また仮にブレーキに不具合があった場合にもすぐに直せるようにブレーキの調整方法は知っておいた方が良いでしょう。 自転車のメンテナンスにおいて、ワイヤー系のメンテナンスはブレーキにせよシフトレバーにせよ調整が必要な部分についてはイメージ的に「なんだか面倒そう」「調整が狂ったら戻せなさそう」と弄るのを敬遠したくなる部分です。 しかし実際にやってみれば 意外と単純な構造なので、一度覚えてしまえば誰でも簡単に整備出来ると思いますので、怖がらずに積極的にチャレンジしてみるのが良いと思います。 マウンテンバイク用のVブレーキとロード用のコンパクトVブレーキ 僕の愛車であるクロスバイクのESCAPE AirのVブレーキは純正のテクトロのVブレーキから交換してと呼ばれるVブレーキを装備しています。 (現在は廃番) いわゆるコンパクトVブレーキやミニVブレーキと呼ばれるもので、マウンテンバイクなどで使われている Vブレーキよりもアームの短い90mmのVブレーキになり、ブレーキレバーの引き幅が一般的なVブレーキよりも短いVブレーキになります。 ちなみにBR-R573-Lのグレードは105でロード用のカテゴリになりますが、2019年2月時点でのシマノのロード用のVブレーキのハイグレードモデルはSORAグレードのBR-R353になるかと思います。 ワイヤーを新しく張り替えた際や、ブレーキを再調整する場合の最初の状態で、ここからブレーキの調整がスタートします。 Vブレーキを手で押さえて、ブレーキシューがホイールのリムにピッタリとくっついた状態にします。 そして上記写真の赤い矢印部分にブレーキワイヤーを挟んでボルトを軽く締めてワイヤーを仮留めします。 この時点ではブレーキアームから手を離してもブレーキシューはリムにくっついた状態です。 ブレーキをギュッギュッと強く締めます。 ワイヤーを新しく張った直後はワイヤーに緩みがあるので、ブレーキレバーを握ることででワイヤーを伸ばすことができます。 ワイヤーが伸びたことでブレーキシューがリムから離れます。 場合によってはちょうど良いクリアランスになったりします。 ワイヤーを張った直後であればワイヤーのたるみはすぐに取れないので、上記の作業を数回繰り返す必要があります。 既にワイヤーが伸びている場合は、ギュッギュッとやってもブレーキシューがリムから離れない場合もあるので、ワイヤーを仮留めする段階で、ブレーキシューが少しだけリムから離れた状態で仮留めするのが良いと思います。 ブレーキシューとリムとの隙間(クリアランス)は 左右合わせて2mm程度が適正とあります。 ブレーキシューがリムに付くか付かないかのギリギリすることになります。 ブレーキワイヤーの微調整はアジャスターを使う ブレーキワイヤーの張り具合を微調整をするのはワイヤーを引っ張るだけでは難しいので、アジャスターを使って調整します。 クロスバイクで使用されるようなフラットバー用のブレーキレバーの手元にはアジャスターが付いているので、それをクルクルと回転させることでワイヤーのテンションを微調整できます。 上記の写真の赤い矢印の部分にある小さなパーツがアジャスターです。 ブレーキシューチューナーの調整 ブレーキシューチューナーで角度調整 ブレーキシューを上から見た時に、リムに対してブレーキシューが併行になるようにセットするのではなく ハの字気味になるようにセットするのがポイントです。 手で微調整をすることも出来ますが、ブレーキシューチューナーと呼ばれる専用のガイドを使用すると簡単に調整できます。 ブレーキシューチューナーです。 これをブレーキシューとリムの間に挟むことでクリアランスとブレーキシューの角度が良い具合に調整されます。 ブレーキシューチューナーについて下記の記事で詳しく解説しています。 片効きになってしまうのは、Vブレーキのアームを外側に引っ張ろうとするバネの力が均等になっていないからなので、バネの力が均等になるように調整をします。 バネの力は Vブレーキの側面にあるネジを回して調整します。 ネジを緩めるとバネの引っ張る力が弱まるのでブレーキシューが内側(リムに近づく)へ動き、ネジを締めるとバネの引っ張る力が強くなるのでブレーキシューが外側(リムから離れる)へ開こうとします。 左右のブレーキシューのクリアランスを確認しながらバランスが良くなるように調整します。 目安としてのブレーキシューとリムとの隙間(クリアランス)は左右均等でそれぞれ1mm程度です。 行ったり来たりでイライラしてしまう作業ですが、コツがつかめれば、それほど難しいものであはりません。 コツは 慌てず少しずつ調整することです。 ブレーキの戻りが悪い場合 ブレーキの調整が出来たものの、いざブレーキを掛けてみると、ブレーキシューがリムにくっついたまま戻らないような状態になることがあります。 戻らなくなってしまう原因はいくつかあると思いますが、まずはブレーキワイヤーの取り回しに無理があり、抵抗が大きくなっている可能性があるので、アウターワイヤーの中身やブレーキの可動部分など、抵抗が大きな部分をグリスアップしたり注油したりするなどで滑りを良くすると改善される場合があります。 またVブレーキのアーム部分のスプリングが弱っている可能性もあるります。 フォークによってはブレーキ取り付け位置に3つの小さな穴が空いていて、穴の位置を変えることでアームが開こうとする力の調整することができます。 ブスプリング自体を曲げてテンションを戻そうとするのも一つの方法かもしれませんが、破談してしまう可能性があるので注意が必要です。 Vブレーキの調整についてまとめ ブレーキは安全に走行する為に最も重要なパーツの一つなので、走行前点検でブレーキの効きは必ず確認しておきたい部分です。 また、少しでも様子がおかしい、異音がするなどの問題が生じた場合は、すぐに確認すべき部分でもあります。 自転車のパーツの中でも頻繁に使用するパーツの一つなので、その分トラブルが発生する頻度も高くなりますから、自分自身でブレーキの調整をできるようになっておけば、万が一の時にも慌てずに済むようになりましす。 また、ブレーキシューの交換も割と頻繁に行なうメンテナンスなので、いちいちサイクルショプにお願いするのも余計なメンテナンス費が掛かって勿体ないと思うのでブレーキの調整くらいは自身で出来るようになっておいた方が絶対に良いです。 冒頭にも書きましたが、ワイヤー周りを弄るのはちょっと勇気が必要なことではありますが、経験してみればそれほど難しくはないので是非チャレンジしてください。 関連記事 クロスバイクのブレーキに関する記事は下記にまとめていますので興味のある方は参考にしてみてください。

次の

【手順】自転車のブレーキワイヤーの交換方法【ママチャリ修理】~おしゃれワイヤー編~

自転車 後ろ ブレーキ 調整

ブレーキレバー&ワイヤー交換に使うアイテム まるっとフルセット シマノブレーキレバー左右&ワイヤーとアウターのフルセット シルバーが良いならこちら ・「」 これは左右レバーとワイヤーのフルセット。 基本はこのフルセットでレバー&ワイヤー交換が出来てしまうわかりやすいパック。 意外と 「どれとどれを買ったらええねん」とかなるから。 とにかくこれで基本OK。 取り外しにグリップなどを外す必要がないからこまめに自転車の手入れをする予定ならこっちをおすすめする。 「さすが上位版だ」と言える性能! 予備のケーブルとアウター シマノ純正品でもOK ・「」 とはいえ予備としてこちらのケーブルやアウターの単体品もあったほうが良い。 2メートルあれば御の字。 今回自分は使用した。 「フルセットに付属するワイヤーやアウターが短い場合がある」からだ。 あるいは「ワイヤーを潰してしまったので」とか。 結構きつく締めるから調整しなおすだけでも摩耗するのだ。 「じゃあはじめからバラで買った方が安いじゃないか」となるもんだけど安くないんだよねこれが。 ブレーキを左右別で買うだけでもうフルセットより高価いんだから。 コレを前後用にカットして使う。 ただし!普通のママチャリレバーには合わないと思われる! ブレーキレバーも一緒に上記のシマノ製に交換するなら良いのだけど、 ワイヤーだけの交換となると元から付いているだろうレバーに装着することになるかと思う。 そしてそれが合わない公算が高い。 (親戚の自転車メンテで判明した)だからこのブレーキワイヤー一式セットは 「クロスバイクやマウンテンバイクやロードバイクのレバーにしか合わない」といえる。 子供用自転車の場合はマウンテンバイクだろうから合いそうではある。 とにかく普通のママチャリレバーを残してワイヤーだけ交換するならホームセンター等で購入したほうが確実。 それまでペンチでやってたのがウソのようにくるくるネジやナットが回る幸せ。 ネジザウルスは万能 ワイヤー切ったり、バナナキャップ外したりする道具。 話題のネジザウルスでぎゃりんぎゃりんと外してしまえるひゃっほう。 (シマノブレーキレバーの六角ネジは5mmレンチ穴で15mm長のネジである) そんでもって 「余った余分なワイヤーも切断できるワイヤーカット機構」も付いている。 左の傷跡が鉄腕ハサミ。 右がネジザウルス。 一石二鳥の役割。 別にワイヤーカッターを持っていればいらないし、それ専用品のほうが良いのだろうけどできるだけ経費削減とすれば、これで十分ブレーキワイヤーごときは処理できる。 ネジザウルスで良い。 とはいえワイヤーカッターの安定感 他の代替品 ・「」 こんな専用ワイヤーカッターがあってもいいけどね。 「アウターカバー」も簡単に切れるし。 色々使えるヤスリ 「カバー内が潰れたら」これで広げていた。 他で使ったヤスリ。 棒状のものならなんでもいいけど。 一応紹介や。 箸で十分やな。 反時計回しで外す! 取り外し まずこのようにワイヤーとブレーキの 接続部分の金具(ナット)を外す。 そして以前の古いワイヤーを取り外そう。 ワイヤー先端のバナナキャップとやらはペンチ等で挟んで引っこ抜き、ワイヤーを取り外そう。 「ワイヤーを引っ張ってブレーキを動作させる仕組み」 であることはどのブレーキでも同じことだから 「この部分はバンドブレーキだろうがサーボブレーキだろうがローラーブレーキだろうが同じ」 であるかと思われる。 大体10ミリかな。 交換 そして 「ワイヤー(アウターに通した)」を 「左ハンドル部」から通してブレーキまで持っていく。 ここまでストレートでなくとも良いけれど、イメージとしてはできるだけシンプルにつなぐ。 「ハンドルからブレーキまでの長さは出来るだけ短くシンプルに」しておくと良い調整ができるだろう。 弛ん弛んしているよりは 「ワイヤーを引くチカラがダイレクトに伝わる」からだ。 鈍いと困る箇所やもんね。 そうしたらアウターカバーをセットし、その中をまたワイヤーケーブルを通せばOK。 あとは調整。 (前ブレーキワイヤー) やはりここも 「ワイヤーの終い部分」を 「かなり引っ張りながらピンピーーーーン」と張らせておいて(テンション上げる) 、支点部をズリ上げ(上げ過ぎると片効きするので注意) 、すかさずナットネジを締めていく。 このナットはかなり締め上げる。 今は仮締めでOK。 ここが引っ張られるわけだから弱いとナットごと飛んでいってしまうのでね。 やはりそれだけ締めあげてしまうものだから「中のワイヤーはだいぶ潰れてしまうことになって流用がきかない」場合もある感じ。 モノは同じ。 (モノ自体はテクトロ製で同じだがロゴが違うというマイナーチェンジ版。 ここからもよく売れている。 キホンは同じ。 大体の自転車はこれでOKという万能アイテムです。 ちなみにこれは「右ハンドルブレーキレバーを引くと」前ブレーキが動くタイプであると思われる。 左ハンドルからワイヤーを通すと角度的にキツイのでね。 ママチャリ系ならこっちのほうが合う確率は高いと思うが、 とても高価い。 ワイヤーとブレーキをつなぐナット部分もグリングリン回して外し、 ブレーキと車体をつなげている通しネジ部分のナットもぐりんぐりん外していく。 とにかく前のブレーキとは一切の縁を切るのだ。 あとは残ったここらへんの金具や長ネジを外すと、泥除け(フェンダー)も外れるので覚えておこう。 後々新しいブレーキを取り付ける際は同時に取り付け、また調整なども同時に行うからだ。 あれを外して引っこ抜けば、新ブレーキを装着できる。 綺麗さっぱり13年連れ添ったマスラオーとはお別れ。 自転車のデザインによっては新ブレーキをはめる場合に車体とぶつかってしまうこともある。 その時にどれかの部品(ナットなりワッシャなり)をかましておけば距離が取れるからだ。 まあそんな使わないと思うけどっ! そして 取り付ける! 交換 さあ取り付けるぞ。 そのままハマるがままにハメこむ。 特になんのこともなく嵌めこまれて換装完了。 ポイントといえば 「ブレーキと車体を通す長ネジ部分の間に入っている厚めのリングは、丸いフレームに合わせて半円形ともいえる形をしているから、それを合わせる。 」というくらい。 形状的に合わなくとも 「ネジで締めた際にガタつかなければ」世は事もなし。 気になるなら「前の外したブレーキ部品から物色して合いそうなものを装着すればよい」のではないかね。 次にシューの部分で長さを調整。 挟む部分のゴムを 「ブレーキシュー」というが、 その部分も上下に調整できる。 これでリムを挟める位置まで調整する。 「あれこれあれ?あれじゃないこれ?……いやあれじゃん」 「それでもハマらないような距離感のおかしい自転車」の場合には 「長いタイプ」のものがある。 ママチャリならフロントしか用はないはず。 (前と後ろ用ではセンターボルトの長さが異なる)後ろはバンドブレーキやローラーブレーキなのだし。 これは同じシリーズの製品だが 「挟むところの長さがにゅーんと長い」というやつ。 つまり「ブレーキアーチが長い」やつ。 「折りたたみ自転車」だと長いアーチになることが多いみたい。 位置を調整するために 「ブレーキ本体を下から持ち上げつつ」、ブレーキと泥除けフェンダーを締めているナットを回し、 「しっかり固定する」のだ。 (勿論同時に泥除けフェンダーの位置調整もする)これはすごい大事な調整。 ブレーキアーチの位置 幾つかの重要ポイントがあるが、まず当たり前なことに 「ブレーキのアーチそのもの」の位置を仮定する。 リムを左右対称に挟めるバランスの良い位置がいいよね。 当たり前な話だけど。 泥よけフェンダーの位置(ある場合) そして泥よけフェンダーとブレーキの留め具が同じになっている場合は、このフェンダーも同時に調整する必要があるので 「泥よけフェンダー」の位置も仮定する。 やっぱりタイヤにスレない位置がいいよね。 当たり前な話だけど。 全体の位置調整 正面から見て 「全体のバランス」を確認。 すべてが数学の理想のごとく「対称性」を持つように。 といっても、 ブレーキはリムを同時に挟めるか?フェンダーはタイヤに当たっていないか?単にそれだけのことさ。 ネジを締めて本固定 ネジやナットを締めることで全てが 「本固定(本締め)」される。 が、その際にチカラが入るので全体の仮定がズレてしまうことがある。 よってフェンダーやブレーキをちょっと抑えながらネジを本締めするのだ。 こんなところで「片効き」対策のキホンは終了。 一度覚えてしまえば、 いつでも自分でブレーキの調整が可能となる。 【ちょいメモ】2つ支点があるデュアルピボットブレーキの 左側のアーチ調整はこれで可能! 自転車から見て左のアーチってこと。 正面から見たら右のアーチってこと。 それを上に引っ張れば当然それが上に浮くってこと。 「本来両側から挟んで止めるブレーキが、片側が先に付いてしまうことで本来の効果が発揮されない」という現象。 ブレーキが掛かるまでの時間も長くなってしまい、 「衝撃が車体に伝わってつんのめった状態になりやすく」、ひいては体にも衝撃が伝わってガクンとなる。 つまりダメダメ。 いまは話半分に聞いておいて。 まあココらへんは 実物を自分で動かせばだいたい 理解できると思う。 【ちょいメモ】ワイヤー支点部も上げ過ぎないことが 右側のアーチ調整に!.

次の

ブレーキ調整方法

自転車 後ろ ブレーキ 調整

Vブレーキとは? Vブレーキはマウンテンバイクなどに装備されることが多かったブレーキです。 ロードバイクでよく見かけるキャリパーブレーキと比べ、 制動力が大きいことが特徴。 またタイヤとのクリアランスが大きいため、太いタイヤにも対応します。 現在マウンテンバイクはディスクブレーキが主流になっていますが、クロスバイクやミニベロではVブレーキを搭載したモデルが多いです。 シマノの油圧式ディスクブレーキ。 ホイールの中心部分にある「ブレーキローター」を挟み込むことで、ホイールの回転を止める コンパクト(ミニ)Vブレーキとは Vブレーキは、アームの長さによって大きく2つのタイプに分けられます。 アームの長さが107mm前後の一般的なVブレーキと、90mm前後のコンパクト(ミニ)Vブレーキの2つです。 コンパクトVブレーキはアームの長さが短く、ワイヤーの引き量がキャリパーブレーキに近くなっています。 ただし左右のアームをつなぐワイヤーの位置が低くなるため、太いタイヤには対応していません。 テクトロのミニVブレーキ「RX1」:アーム長85mm シマノのVブレーキ「ALIVIO BR-T4000」:アーム長107mm Vブレーキの構成 Vブレーキは以下のような構成になっています。 リード管:ブレーキワイヤーを上方向へ方向転換させるためのパイプ• ケーブル固定ボルト:ブレーキワイヤーを固定するためのボルト• ブレーキシュー:ホイールのリムを挟んで制動するゴム製のパッド• スプリング調整ネジ:ブレーキのセンターを微調整するためのネジ• 取り付けボルト:ブレーキアームをフロントフォークやシートステイ上の台座に固定するためのボルト Vブレーキ:走る前のチェックポイント3点 ブレーキは自転車に安全に乗るために重要なパーツです。 走行前のチェックは忘れずに行いましょう。 チェックポイントは大きく3つ。 ブレーキシューは減ってないか• ホイールのリムとブレーキの間隔が一定か、片効きしていないか• ブレーキレバーを握ったときにゆるくないか、異音がしないか それぞれのチェック方法を具体的に見ていきましょう。 ブレーキシューは減ってないか ブレーキをかけると、ブレーキシューがすり減ります。 ブレーキシューの溝の深さを見て、1mm以下になったら交換しましょう。 使用半年、溝の深さが2mmほどに減ったブレーキシュー 特に雨の中での走行は、ブレーキシューの減りが早くなります。 まだ使えるかなと思っても、念のため早めの交換をおすすめします。 走行後のメンテナンスでは、 ブレーキシューの溝に異物が挟まっていないかもチェックポイントのひとつ。 異物があった場合は、先端の尖ったもので取り除いておきましょう。 片効きしていないか リムの片側だけにブレーキパッドが接触してしまう状態を「片効き」といいます。 左右アームのスプリング(リターンスプリング)のバランスが取れていないことが主な原因で、片効きはブレーキシューが偏って摩耗したり、異音の原因になることも。 ブレーキがゆるくないか ブレーキがゆるくなったと感じたら調整しよう ブレーキシューが減ってきたり、ワイヤーが伸びたりすると、引きしろが増えてブレーキがゆるく感じることがあります。 ブレーキレバーの引きしろがゆるいと感じたら、ブレーキレバーの調整ネジを回してワイヤーのテンションを調整します。 必要な工具:小さめのプラスドライバー、アーレンキー• ホイールがまっすぐはまっているかを確認しておく• わかりやすくするため黒いラバーブーツを右にずらしています。 リード管(ワイヤー)のパーツがフックにひっかかっていることがわかります。 無理せずショップへ持ち込みましょう。 ブレーキシューを外す ブレーキシューを取り付けているナットをゆるめて外します。 ブレーキアームの内側と外側にそれぞれワッシャーがあるので、元通りにできるよう向きや順序に気を付けて外しましょう。 新しいシューを取り付ける際に順番がわかるようにしておこう• 新しいブレーキシューを取り付ける ブレーキシューにFORWARD(前)、L(左側)、R(右側)など向きの指定がある場合は間違えないように取り付けます。 ワッシャー等を元通りの順番にはめ、ブレーキシューをだいたいの位置にナットで仮止めします。 「(B)シュー固定リンク」がブレーキアーム部分 Image:SHIMANO• 逆サイドのブレーキシューも同様に交換する• 解放されたブレーキアーチを戻す 左右のブレーキシューを仮止めしたら、2で外したワイヤーを逆の手順で元に戻します。 ブレーキシューがリムに正確に当たるか確認する ブレーキレバーを握って、ブレーキシューがリムにきちんと当たるかを確認します。 ブレーキシューの適正位置 ブレーキレバーを握ったとき、 リムの上端から1mm程の高さに、リムに対して水平・垂直に当たるようセットします。 Image:SHIMANO• ボルトを本締めする ブレーキシュー本体の位置が決まったら、シューが動かないよう手で押さえながらボルトを本締めします。 ブレーキの偏りがないか確認する ブレーキレバーを引いて、ブレーキが偏っていないか確認します。 偏っている場合は、「スプリング調整ネジ」を締めたりゆるめたりして調整します。 (次項「ブレーキの片効きを調整する」を参考) ブレーキの片効きを調整する ホイールがセンターに入っているにも関わらず、ブレーキシューが均等にリムに当たらないときは、センタリングの調整をします。 ブレーキの左右に1か所ずつ付いている「スプリング調整ネジ」を90度ずつ回していきます。 z は左右いずれも1mm間隔を目安に。 Image:SHIMANO• 片方のネジを締めたら、逆をゆるめるというように、ネジを回すごとにブレーキレバーを引いてバランスを確認していきます。 左右のアームが均等に動き、左右両方のシューが同時にリムに当たるようになったら調整完了です。 ゆるめすぎてボルトを抜いてしまわないよう注意してください。 慣れないうちは無理せずに、自転車屋さんに相談しましょう。 ブレーキの引きしろを調整する ブレーキレバー側の調整ネジ ブレーキの引きしろが増えてきたときは、ブレーキレバーのネジを回して微調整します。 ワイヤーの張りを調整するネジと、固定するネジがあります。 調整ネジと固定ネジを一緒に回して調整します。 半回転ずつ回し、その都度レバーを引いて引きしろを確認します。 カツカツに詰めるのも悪いことではありません。 調整ネジの微調整でうまくいかない場合は、ワイヤー調整が必要になります。 ブレーキレバーの調整ネジでの対応の範疇を超えたらショップで見てもらうようにしましょう。 また調整ネジの回し過ぎ(ゆるめ過ぎ)は、 レバーから調整ネジが外れる可能性があり危険です。 調整ネジのネジ山が1cm以上見えるようなら、無理せずショップへ。 おわりに 今回は構成が単純で調整のしやすいVブレーキのメンテナンス方法をご紹介しました。 ブレーキに不具合があると大変危険なので、うまくできない場合は無理せずに自転車屋さんに相談してくださいね。

次の