1960 年代 ヒット 曲 洋楽。 60年代、70年代、80年代、90年代 洋楽の名曲

1969年のベストオールディーズ曲

1960 年代 ヒット 曲 洋楽

Contents• 1960年代はロック・ポップス・歌謡曲と名曲揃い! 1960年代は、 ビートルズ、エルビス・プレスリー、ジミ・ヘンドリックス、ザ・ビーチボーイズなどの洋楽ロック・ポップス歌手、グループたちが活躍しヒット曲を生み出していました。 また、そういった海外の音楽ブームの影響から似たようなグループサウンズなどが日本でも次々と生まれました。 スパイダーズやザ・フォーク・クルセダーズなどの曲が人気となっています。 歌謡界でも、 中尾ミエ、石原裕次郎、坂本九、加山雄三などの、今でも知名度の高い有名歌手たちが活躍していました。 1960年代には、当時青春時代を送っていた人たちの人生を彩る楽曲がたくさん存在していたのです。 【1960年代ヒット曲】おすすめ人気ランキング10~洋楽編~ この頃の洋楽ヒット曲は、 曲を聞けばテレビやラジオなど、どこかで耳にしたことのある曲が多いかもしれません。 その中からおすすめする当時の洋楽ヒット曲ランキングをお届けします。 印象的なメロディー部分を歌詞と共に紹介しているので、 カラオケなどで歌う際の参考にしてみてください。 タイトルからシャンソン歌謡曲かと思いきや、とってもキュートな雰囲気の フレンチ・ポップ。 聴くと、あぁ!知ってる!となる人も多いはずです。 可愛らしいビジュアルと舌足らずな歌唱で人気を集めました。 この曲は日本語版レコードも発売されているので、そちらもぜひチェックしてみてください。 【9位】What A Wonderful World/ Louis Armstrong(ルイ・アームストロング) V-A-C-A-T-I-O-N In the summer sun アメリカのニューヨーク出身のコニー・フランシスは、 1960年代にかけてヒット曲を連発しているアメリカ人女性歌手です。 1962年7月に発売された『VACATION』は、 日本でもさまざまなアーティストからカバー曲が出されたことがきっかけで、知名度を上げて大ヒットとなりました。 今でもTVやBGMで流れることが多いので、世代ではない人でも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。 夏のウキウキを思い起こさせてくれるような楽曲です。 5人のジャクソン・ファミリーの兄弟で結成されたグループで、デビュー曲『I WANT YOU BACK(帰ってほしいの)』を皮切りに、全米チャートNo. 1のヒットを連発していき、 1970年代のアメリカを代表するスーパーアイドルグループにまで成長しました。 小さいながらも力強い歌声が魅力的です。 イントロを聴くだけで「あぁ、この曲か!」とわかるほど、 名曲中の名曲です。 【5位】Stand By Me/Ben E. King(ベン・E・キング) So Darling darling stand by me Oh stand by me oh stand,stand by me Stand by me Ben E. King はアメリカのソウル歌手で、1958年にリードシンガーとしてドリフターズに加入しました。 1960年にドリフターズを脱退しソロに転向、翌年1961年にリリースした『Stand by me』が大ヒットし、後にスタンダードナンバーとしてジョン・レノンなど多くの歌手がこの曲をカバー。 映画「スタンド・バイ・ミー」の主題歌に起用されたことがきっかけで再ヒットしました。 学校の授業で習ったという人もいるのではないでしょうか。 今でも世界中の人から愛されている名曲です。 リードボーカルのミック・ジャガーや、ギターボーカルのキース・リチャーズなどの、個人の名前でも聞いたことのある有名なメンバーで結成されている 神的ロックバンドです。 バンドにとっての初の世界的No. 1ヒット曲である『Satisfaction』は1965年6月にリリースされ、 全米で4週連続でNo. 1を獲得しました。 かつては「クオリーメン」というバンド名にて活動していましたが、1960年に「ザ・ビートルズ」に改名され、1962年にレコードデビューをする運びとなりました。 彼らは ギネス・ワールド・レコーズに最も成功したグループ・アーティストに認定されています。 18枚目のシングル曲『Hey Jude』の「Jude」は一般的に男性名であるが、女性名である「Judyth」の愛称としてつかわれる場合があるため、 さまざま解釈ができる楽曲です。 【1960年代ヒット曲】おすすめ人気ランキング10~邦楽編~ この時代の邦楽ヒット曲は、ロックだけではなくフォークやポップス、演歌など 日本特有の音楽をベースに残しながらも、海外の音楽の影響を受けている歌手やグループも少なくは無く、経済成長の影響からか歌詞も前向きで明るいものが多いようです。 今でもテレビのCMやドラマの主題歌に使用されることがあるので、聞き覚えのあるメロディーや歌詞が多いでしょう。 ここでは 当時の邦楽ヒット曲ランキングを紹介します。 青春歌謡をチェックして、ぜひカラオケでも歌ってみてください! 【10位】グッド・ナイト・ベイビー/キング・トーンズ 上を向いて 歩こう 涙がこぼれないように 思い出す 春の日 一人ぽっちの夜 愛称キュウちゃんこと坂本九は歌手以外にも、タレント、俳優、司会者など多岐にわたり活動していました。 1985年に起きた日航機123便の墜落事故で帰らぬ人となった彼は、数多くのヒット曲を生み出し、 全世界のレコードの売り上げ1500万枚以上の記録をのこしています。 1961年に発売された『上を向いて歩こう』は発売と同時に爆発的にヒット、3か月にわたりレコード売り上げランキング1位を独走した、昭和歌謡史に残る名曲です。 ちなみに作詞は永六輔です。 発売当初、 海外では「SUKIYAKI」というネーミングで売られ、後に数多くのアーティストによってカバーされ、いまだに外国人のモノマネのネタにされるほどの人気があります。 ほかにも1960年代のヒット曲はたくさんあります。 邦楽ムード歌謡の代表的な歌手・フランク永井の『』 美空ひばりの『』 ジャッキー吉川とブルー・コメッツ の『』 伊東ゆかりの『』 吉永小百合・和田弘とマヒナスターズの『』 村田英雄の『』 都はるみの『』 梓みちよの『』 などがあります。 多彩な1960年代ヒット曲を楽しもう! 1960年代は数々の有名スターを生み出した黄金時代です。 その名曲は現代でも多くの人たちに愛され続けています。 また、カバーされて蘇り、テレビやラジオ番組で流れるメロディーもたくさんありますね。 この頃の音楽は洋楽・邦楽ともに、今聴いても心に響く歌詞やメロディーラインで、 時代を越えても聴く人の気持ちを高ぶらせてくれるでしょう。 音楽を聴いたりカラオケで歌ったり、ギターで弾き語りをしてみながら レトロなあの頃を思い浮かべ懐かしい想いに浸ってみるのもいいかもしれません。 レコード会社の 商品ページで CDの視聴ができるなら、一小節だけでも聴いてみましょう。 懐かしくも新鮮で、全部聴いてみたくなるはずですよ。

次の

60年代、70年代、80年代、90年代 洋楽の名曲

1960 年代 ヒット 曲 洋楽

Song• Artist• Gavin Creel, Caissie Levy, Bryce Ryness, Sasha Allen, Kacie Sheik, Allison Case• Licensed to YouTube by• WMG; LatinAutor, EMI Music Publishing, UNIAO BRASILEIRA DE EDITORAS DE MUSICA - UBEM, Sony ATV Publishing, SOLAR Music Rights Management, LatinAutor - SonyATV, and 5 Music Rights Societies• Song• Artist• The Cowsills• Licensed to YouTube by• UMG on behalf of Mercury Records ; SOLAR Music Rights Management, EMI Music Publishing, ASCAP, and 7 Music Rights Societies• Song• VUNG LA ME BAY• Artist• DAT VO• Licensed to YouTube by•

次の

特選洋楽『1960年〜1969年』

1960 年代 ヒット 曲 洋楽

1960年代洋楽代表曲,ヒット曲 1960年度のリリースされた曲を有名 ビルボード、各種ダウンロードランキング、タイアップ 主に日本での 考慮 と思われる順に上から並べてみました。 下校時刻のお知らせでお馴染みの曲。 の楽曲。 リリース。 ある店ではこの曲が流れるとレジが混んでいますよ!というお知らせ。 リリース。 としても有名。 音楽の教科書にも掲載されている。 がカバーした。 『アウトランダー』,,キリン『ラガービール』,大和証券グループ,三井住友銀行のCMソング。 映画『スタンド・バイ・ミー』主題歌。 1969年リリース。 CMでお馴染み。 映画『イージー・ライダー』の挿入歌。 one pieceのブルックのオリジナル曲も同じタイトル。 のBGMにも。 『コカ・コーラゼロ』 2012,滝川クリステル のCMソング。 『パレット』のCMソング。 のテーマソング。 1964年リリース。 映画『プリティ・ウーマン』の主題歌。 の「幸子」のテーマ。 数々のCM曲でお馴染み。 松本英子のカバーverが『MRwagon』 米倉涼子 のCMソングに。 『ミニカ』,のCMソング。 アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』のエンディングの元ネタ。 1964年リリース。 1969年リリース。 ジョージア「男ですみません」 2012 のCMソング。 ナイキの2002年FIFAワールド・カップCMソング。 映画「バギー万才」の挿入歌 1968• 1966年リリース。 テレビ番組「平成教育委員会」でもよくタイアップされた。 CM曲としてもお馴染み。 カバーはの挿入歌。 AneCan アネキャン の創刊1周年のCMソング 押切もえ主演• ,にカバーされた曲として有名。 リリース。 ,のCMソング。 フジテレビ系のオープニング。 1966年リリース。 後にがカバーした。 のコーヒー『Roots』,, 優香,高畑淳子主演 のCMソング。。 ,BEMANIシリーズの楽曲にも。 1965年リリース。 『セリカ』のCMソング。 1960年リリース。 1963年リリース。 1961年リリース。。 のCMソング。

次の