ポケモン白い悪魔。 【ポケモン剣盾】環境に存在するトゲキッスの型を全て紹介する(多分)【育成論】

青い悪魔とは (アオイアクマとは) [単語記事]

ポケモン白い悪魔

トゲキッスの採用理由となるべき点が以下です。 まひるみ 最大の役割、というかやりたいこと。 何と言っても誤魔化し性能が高いため、7割行動不能の害悪さで一方的に相手に負担をかけられます。 HPが少なくても強引に勝ち筋を作れることも良点。 麻痺撒き スカーフエアスラのことを考えるとボルトロス以外には安易に挑発を打たれにくいので、初手電磁波が止められにくいです。 また、ラムの実で1度眠りを防げるので、ガッサ・メガバナ対面に強いです。 ガブリアス、サザンドラの牽制 地竜無効悪半減の優秀な耐性で、ガブリアスやサザンドラの行動を抑制し、スカーフ地震や眼鏡流星を牽制できます。 その2匹に限らず、相手の地面技やドラゴン技を安定行動にさせません。 天恵エアスラなど固有の役割を持っているため、他ポケモンとの差別化は必要ありません。 比較 「害悪」と呼ばれるトゲキッスには、主に3つの型があります。 本論の型を除いた2つの型の特徴を纏めると、次のようになります。 CS振りスカーフ型 ・遂行速度が速い ・麻痺が入ってない相手にも上を取れる確率が高い ・技スペースが空くため、技範囲を広く取れる ・耐久が高くはないため、先制技に縛られやすい ・トリック以外の補助技を扱いにくい ・麻痺で止められやすい ・自分より速い相手のスカーフ持ちにあまり強く出られない• HB振りゴツメ型 ・耐久力があり、受け出しや相手が怯まなかった際のケアに優れる ・物理相手への削り能力がある ・自身で麻痺を撒ける ・相手のスカーフ持ちにも強く出れる ・ ゴツメでの削りを加味しない場合のみ 遂行速度が遅い ・こちらの麻痺や、毒に弱い これらに対して本論のトゲキッスは、 スカーフ型とゴツメ型の中間 やや耐久寄り を取ったような努力値振りをし、かつどちらにも共通する「状態異常に弱い」という欠点を補うためラムの実を持たせた型です。 以上を踏まえた上でのこのトゲキッスの特徴を纏めます。 ・状態異常に耐性がある ・1つの役割に特化せず、汎用性が高い ・自身で麻痺が撒ける ・相手のスカーフ持ちにも強く出れる ・ゴツメ型に比べて麻痺を撒くための1ターンで攻撃を耐えない可能性がある ・スカーフ型に比べて遂行速度が遅い 以上が本論のトゲキッスの特徴です。 話は逸れますが、相手がこれら2つの型を警戒した行動をすることは少なくありません。 例えば相手の補助技に合わせて繰り出した際、スカトリ警戒で交替した先のメガ枠に無償で麻痺を入れられたり、実際には猫捨て身で落ちてしまうメガガルーラ対面でも、ゴツメ警戒で敢えて猫騙しを打たなかったり、といったものです。 このような特徴も、トゲキッスの良きポテンシャルです。 H244振りは総合耐久上昇と共に定数ダメージの効率が良くなるため確定ですが、BDについては鋼タイプを意識した =炎技採用を前提としている ものなので、炎技を入れない場合はCSに回すのも一考です。 エアスラッシュ メインウェポンの一致飛行技。 仮想敵は、半減以下にされない相手全て。 電磁波 まひるみをするために確定。 火炎放射・大文字 炎4倍系や、エアスラッシュの通りが悪い鋼タイプへの有効打。 どちらにするかは下のダメ計を参考にしてください。 ハッサムを確実に狩りたいなら放射、ナットレイやギルガルドの確定数が動くのが文字。 マジカルシャイン 対ドラゴン・電気ピンポイント技。 確定で倒せる相手は多くないので、優先度は低めです。 無振りガブリアス 割合: 78. 羽休め 優秀な回復技。 卵産みと違って使用ターンに飛行タイプを消すことができ、それにより弱点が2つだけになります。 メガガルーラやメガクチートの不意打ち透かしとしても有効で、麻痺と合わせて電磁羽もできます。 身代わり ラムの実で状態異常を防げると言っても一度切りなので、その後の異常透かしとして。 害悪性能からか相手の交替は多いので、身代わりを張る余裕はかなりあります。 アンコール まひるみでは突破し難い耐久ポケモン潰しだったり、身代わりと組み合わせて使ったり。 他の技が有用なので、この技の優先度は低めです。 悪巧み コメントより。 耐性と耐久のおかげで積むタイミングが多いので、やや不安な火力を向上させることができます。 その他波動弾や毒毒などが候補に挙がりますが、打つ相手がピンポイントだったり、コンセプトとずれていたりするため、今回は省略しています。 ダメージ計算 -物理 特化鉢巻きハッサムのテクニバレパン 割合: 82. 特殊 C252メガルカリオのラスターカノン 割合: 83. オススメのエースはメガバンギラスで、優秀な耐久と抜き性能の高い積み技、トゲキッスが呼ぶ電気に対しての有効打があり、かつトゲキッスが地面技や格闘技に受け出せるなどの点が良いです。 麻痺撒き要因がいると、トゲキッスが電磁波を撒く1ターンが必要無くなり、またキッス自身も耐久を活かした電磁波撒き要因となってエースのお膳立てが可能になります。 因みに他候補はメガガルーラやメガクチート軸。 技範囲が広く威力も出るスカーフ型と違い、後出しされやすい電気タイプに滅法弱い 電磁波無効エアスラ半減 ので、電気に役割を持てるチョッキ地面タイプなどとも相性が良いです。 以上です。 良ければ意見をお願いしたいです。 シングルだと似たような感じでした。 麻痺まきアタッカー受けを両立させられるので便利ですよね。 トリプルだとスカーフシンボラーとクレッフィとくませて、結構使いやすかったですよ。 積むべきタイミングでは基本電磁波か羽休めをしていたのであまり考えませんでしたが、確かに相性が良いですね。 候補技に追加させていただきます。 ご意見ありがとうございました。 心内評価ありがとうございます。 投稿お疲れさまです。 H降りロトムが48. 評価ありがとうございます。 それでも受け出してきたロトムでさえ確定で狩れるわけではないですし、やはりピンポイントな感じが否めない気がします。 決して需要が無いわけではないので、優先度を上げるという意味合いで候補技に追加だけしておきますね。 お褒めの言葉ありがとうございます。 評価入れておきます。 技構成の優先度が低い技のところにシャインが残りっぱなしなので修正お願いします。 修正しました。

次の

【ポケモン剣盾】トゲキッスの育成論・対策

ポケモン白い悪魔

青い悪魔 とは・・・• から来たのとれた• なのにを燃料とする生命体• 設定を誇るのくせしてのにンにやられる• それでいて自分の分には製頭回転で罵倒のをまき散らす正の• の画面• のどれかを表します。 概要 世紀のからやってきた、ごときにを使う某である。 普段はを食うことをとしており、時と場合 によっては上あり得ないで人を攻撃する恐ろしい一面がある。 またの飼いに対してを吐くこともあるなどまさにをかぶっているであ る。 詳しい内容は関連を御覧ください。 某ゲームにこの青い悪魔が出ない理由 は、でありガンすらではない。 そう青い悪魔が出ただけでが一気に狂ってしまうのだ、ああ恐ろしや。 関連動画 関連項目• ポケットモンスターにおいての青い悪魔 のアタッと名高い、のことである。 何より特記すべきは、攻撃が2倍になる「ちからもち」である。 その破壊は攻撃を特化することにより、 禁止級の攻撃となる。 似たようなを持つとは異なり、なかなかのを持っており、一致の10万でもかなりの割合で耐えることが出来る。 もしを少し残してしまっても 脅威の一致先制「」 技 により確実に相手を仕留める事ができる。 そして禁止級並の破壊を持ち、相手を捻じ伏せる 青い悪魔• +スラッシュにより相手の動きをする• なを持ち、相手をのふちに追いやる 上記3種類を合わせて 「三大」と呼ばれている。 関連動画 その他の青い悪魔• - 第19話「はふたたび」、第9話「! 二大(S OM THE CRS)」などでのとともに登場した。 人によって封印されていたのようなである。 - の画面のこと。 特に9x系の時代は頻繁に現れ多くの人をどん底にたたき落とした。 がとなったでは見る機会が減ったが、逆に見た場合は9x系の時代よりも深刻な状況であることが多く、であることは変わっていない。 変異種 - 、における(俗に言うのようなもの)の一枚。 昔ので大暴れしたのに恐れを込めてこう呼ぶことがある。 なお、は変更によりの強くなってしまった。 関連項目•

次の

黄色い悪魔 (きいろいあくま)とは【ピクシブ百科事典】

ポケモン白い悪魔

どうも、しんま13です。 ポケモンソードシールドのランクマッチにおいて白い悪魔と呼ばれる「トゲキッス 」。 トゲキッスは常に環境トップに君臨しており、その理由は優秀な種族値に加えて、タイプ一致でダイジェットを放つことができ、なおかつ特性もぶっこわれ性能のためです。 本記事ではそんなトゲキッスの環境に存在する型を全て紹介します。 情報元は、上位勢の構築記事と、筆者が対戦で当たった型を参考にしています。 多分ほとんどの型が網羅できているのではないかと思います。 これからトゲキッスを使いたい人、トゲキッスを対策したい人はぜひとも参考にしてください。 トゲキッスの基本データ(種族値や特性など) まずはトゲキッスの基本的なデータをみていきましょう。 使わない種族値を除けばほぼ600属並の種族値を誇り、素早さもそこそこ高い上にダイジェットで自身の素早さを上げることができるので一度加速すると止めることが困難になる最強のポケモンです。 火力もある上に耐久も並以上あるので、努力値を一切耐久に振らなくてもどんな相手の攻撃も1発は耐える性能を持っています。 しかも特性「てんのめぐみ」と「きょううん」がどちらも強力。 てんのめぐみは追加効果の発生率が2倍になるため、エアスラッシュが60%の確率でひるむ最強技になり、おそらくランクマッチをやってる人はこのエアスラひるみに苦汁を飲まされてきた人は大勢いるでしょう。 一昔前は、電磁波で麻痺させた後にひたすらエアスラでひるませる、通称「まひるみ」戦法が横行したこともありました。 かくいう筆者もつい最近このまひるみトゲキッスに完封されました。 もう一つの特性「きょううん」もチート特性です。 ダイマックスエースとして使うなら特性はきょううんにした方がいいかもしれません。 このように、種族値、特性、技、ダイマックス性能の高さ、どれを取っても最強レベルのポケモンなのです。 それではトゲキッスの型を紹介していきましょう。 そしてトゲキッスの技構成も基本はこの4つがテンプレになります。 基本はダイマックス前提運用で、ダイジェットを積み相手を破壊していくという型。 ダイマックスが切れた後もエアスラひるみで運勝ちを狙いにいけます。 ダイマックスしても強いし、ダイマックスしなくても強いです。 また、持ち物をラムのみではなく弱点保険を持たせる保険加入型も一定数存在します。 珠を持たせることで予想外の火力を出すことができ、一度加速すると止まらなくなります。 凄まじく強いのですが、筆者が使ってて思った欠点としてはフルアタック構成故に、ダイウォールが使えないのが少しばかり痛かったです。 したがって自由枠でもある) スタンダード型と技構成、性格共に一緒ですが、特性をきょううんにしてピントレンズを持たせることにより、50%の確率で急所を狙えるというぶっこわれ性能を持った型です。 筆者が相手してて一番嫌な型なのでかなり強いと思います。 急所は相手の壁や能力ランク上昇を無視できるのが非常に強いポイントですね。 ダイジェット一回で相手のドラパルト抜き調整で、残りは耐久に振るという努力値構成。 耐久に振る理由は、相手の攻撃を1発耐えて悪巧みをするためです。 Cに30しか努力値を振っていないため実数値は144なので、悪巧みを積まないと火力不足感は否めません。 なのでオーロンゲなので壁展開をするなどして、悪巧みを積む猶予を持たせないとダイマックス時の撃ち合いで負けてしまうことが多々あります。 そのため、筆者は悪巧みをしなくても火力を出せるようにラムのみではなくするどいくちばしを持たせて、ダイジェットの火力を上げるようにしています。 いろいろなキッスを試しましたが無難に一番強かったと思います。 【トゲキッスの型5】スカーフorメガネキッス スタンダード型と努力値構成、特性、全て一緒で、持ち物がスカーフかメガネになっただけです。 悪巧みの枠がトリックになっています。 スカーフを持たせることでどんなポケモンに対しても上からエアスラッシュでひるませることができ、耐久ポケや詰みポケに対してはトリックで機能停止に追い込むことができます。 スカーフキッスはダイマックスはあまり切らず、大体初手で投げてきてエアスラッシュを連打してくる人が多いです。 シーズン4あたりから個体数を増やした印象です。 以下は構築記事。 参考記事: シーズン4でも最終295位を達成した方が使っていましたね。 参考記事: 役回りとしては、 ・身代わりで相手のダイマックス枯らし ・自分より遅い相手を電磁波身代わりエアスラでハメる の2つ。 努力値調整意図は、構築記事によれば、 ・食べ残しHP回復最高効率 ・特化ドラパルトの命の珠ダイスチル確定耐え ・A振ってないカビゴンののしかかりを身代わりが耐えることがある ・最速バンギラス・ラプラス抜き とのことです。 冒頭でもちらっと書きましたがつい最近筆者もこのトゲキッスにハメられて負けました。 絶対的に有利な立ち回りができたのに、エアスラと麻痺で一回もギルガルドが動かず敗北。 一回でも動いていればラスターカノンで倒せたのに・・・。 あまりにもむかつきすぎてSwitchを破壊するとこでした。 絶対流行って欲しくない型ですね。 参考記事: 基本的にトゲキッス はカビゴン、ドリュウズ、ミミッキュなどの物理アタッカーを苦手とし、ドラゴンタイプに対して無類の強さを誇るというポケモンです。 そこでアッキのみを持たせてBに努力値を振ることで、役割対象をずらすのがこのアッキのみ型トゲキッス。 ダイバーンで天候を晴れにすることで朝の陽ざし回復量が増えるのもグッド。 HBにここまで厚くするとドリュウズのアイアンヘッドを確定耐えし、A無振りカビゴンのヘビーボンバーはアッキのみ込みで2発耐えます。 Sは4振りロトム抜き、無振り80属抜き調整。 (素早さ種族値が87のポケモンまで抜ける調整) かなりユニークな型故に読まれることはまずなく、実際結果も出ている型なので、変わったトゲキッスを使いたい方にはおすすめです。 トゲキッスは初心者が使っても強い 最強技ダイジェットを放つトゲキッス トゲキッスはよくチンパンポケモンと言われたりしますが、その理由は初心者が使っても強いからでしょう。 一度悪巧みを積んでしまえばダイジェットで全抜きをすることが可能で、ダイマックスを切らずともエアスラひるみ運ゲを仕掛けることができるので、本当何も考えなくても勝ててしまう性能を誇っています。 なので、ランクマッチで勝ちたいのであれば、トゲキッスは一度使ってみてください。 そうすればトゲキッスの強さ、そしてトゲキッスの弱点も知ることができるので対策する側にも回れます。 【トゲキッス対策】どうやってあの白い悪魔を止めるのか トゲキッスは最強のポケモンの一体ではありますが、そんなトゲキッスを止める方法は、 ・タイプ相性で押し切る ・トリックルーム展開 ・チョッキ持ちのポケモンで殴り合う の3つです。 タイプ相性だとドリュウズやドサイドンはトゲキッスに対して圧倒的に有利です。 ドリュウズはそもそもトゲキッスより早いですし、タスキを持たせれば2回の行動保証で確実にトゲキッスを仕留めることができます。 ドサイドンの場合は、そもそもトゲキッス側からの有効打が基本ないので押し切れます。 (ただ相手が命の珠を持っている場合くさむすびを警戒しなくてはいけない) そのほかだとヒートロトムもトゲキッス対策におすすめ。 理由は、トゲキッス側がヒートロトムに通せる技がなく、こっちの電気技が2倍で通るため。 もう一つはトリックルーム展開。 ダイジェットを積まれたトゲキッスを止めるのは至難の技ですが、そこで素早さ関係を逆転させるトリックルームが活きてきます。 代表的なトリル要員はミミッキュ。 化けの皮で相手の攻撃を1発耐えトリルでダイジェットを無効化させ裏のエースにつなげるという立ち回り。 最近自分が考えた対キッス用「耐熱ドータクン」は、耐熱で相手のダイバーンを1発耐えトリルを展開し、てっていこうせんで退場し裏のエースにつなげるという戦法。 (ドータクンに弱点保険を持たせて己自身がアタッカーになるという戦法も強いです) 三つ目はチョッキ持ちのポケモンで殴り合うという対策方法。 おすすめのチョッキ持ちポケモンはカビゴン。 カビゴンは元々D種族値が110あるので、HとD無振りでもチョッキを持たせることで、悪巧みを一回積んだトゲキッスですら受け切ることが可能になります。 以上の3つがトゲキッス対策方法になります。 トゲキッス対策にお悩みの方は参考にしてください。 マイナーポケモンを活躍させたいならまずはメジャーから 筆者は当初マイナーポケモンで勝ちたいと考えマイナーポケモンばかりを使っていました。 しかし、当然勝てない。 マイナーポケモンの活かし方もメジャーポケモンの対策もわかっていなかったからです。 「メジャーポケモンなんて使いたくない!」 そう考える人は多いかと思います。 しかし、マイナーポケモンを活躍させたいならまずはメジャーポケモンを使ってみるべきです。 その理由は、メジャーポケモンを使うことでメジャーポケモンの弱点や対策がわかり、そこで得た知見をマイナーポケモンに活かせるからです。 金銀で登場した四天王の1人「カリン」は言いました。 強いポケモン、弱いポケモン、そんなの人の勝手。 本当に強いトレーナーなら 好きなポケモンで勝てるように頑張るべき この名言をどう解釈するかは人次第ですが、自分はメジャーポケモンを知ることこそが好きなポケモンで勝てるようになるコツだと解釈しています。 ではでは。 以上、【ポケモン剣盾】環境に存在するトゲキッスの型を全て紹介する(多分)... でした。 【育成論】 youkenwoiouka.

次の