フリーウェイ クラブ。 #探偵ファイル/探偵魂

「高速は無料」逮捕者相次ぎ、フリーウェイクラブ解散

フリーウェイ クラブ

「無料通行宣言書」投げつけ料金所通過、男を逮捕 2006年08月22日13時01分 神奈川県警高速隊は22日、横浜市港南区下永谷3丁目、会社員畠山典久容疑者(35)を道路整備特別措置法違反(不正通行)の疑いで逮捕した。 調べでは、畠山容疑者は1月11日から18日までの間3回にわたり、同市保土ケ谷区にある横浜新道上りの今井料金所で、「無料通行宣言書 フリーウェイクラブ」と書いた紙を料金収受人に投げつけ、計600円を支払わなかった疑い。 県警は、畠山容疑者が04年3月から今年6月まで、東北自動車道や中央自動車道などで計約140回、同様に不払いをしていたとみている。 こんなものがあったんですね。 いろいろなところで情報を見ていると、このフリーウェイクラブについては、抗議目的でやっていることであり、民事的な問題のようですが、それを悪用している方も出てきてそれが問題になっているのでしょう。 しかも偽者とも思われる団体も多数現れている模様。 ネットで検索するだけでも物凄いヒットします。 いろいろな人がいるものだと思い、感心する反面真面目にやっている人が損をするような世の中にはなって欲しくないとも思いました。 それにしても、ニュースにでてくる無料で通過をしている感じの悪い人の映像、これに出てくる車がどうみても、BCNR33スカイライン。 私の以前の愛車でもあるのですが、スポーツカーがまたまたイメージ悪くなるではないですか。 あんな車に乗ってるから、こういうことをするんだと思われないようにして欲しいものです。 人のふり見て我がふりなおせ。 自分の行動をみつめなおそうと思った瞬間でした。 と言いつつも、渋滞の高速道路にはまったときは、金返せと言いたくなります。 がんばってくださいね、道路公団さん。 いい道作って、渋滞せずに快適なドライブができる日を待っています。

次の

フリーウェイ給与計算

フリーウェイ クラブ

2006年12月05日10時47分 高速道路料金の「不払い宣言」運動を続けていた団体「」が11月下旬、解散した。 「高速道路は無料となる前提で造られたはず」という「」を掲げ、過激な方法で抗議行動をしてきたが、昨年の法改正を受けて幹部らが逮捕され、旗を降ろさざるを得なかった。 同クラブの和合秀典会長(65)==は11月23日、の取調室で、手書きの解散届1枚を手渡した。 「20年の歴史を持ったを解散致します」 同クラブは87年設立。 の料金値上げに反対し、値上げ分の支払い拒否運動を始めた。 高速道路は、路線ごとに建設にあてた借入金を通行料金で返済し、完済後に無料にする原則で造られた。 ところが72年に全国一体で収支を計算する料金プール制が導入され、黒字路線の収入が赤字路線の借金返済に回ることになった。 このことを、クラブは「終わりのないで、無料化は遠のくばかり」などと批判、マスコミも取り上げた。 01年には料金全額の支払い拒否運動に転じる。 01年度に約1万台だった不払い宣言は02年度、約4万5000台に急増した。 旧公団は未払い料金などを強制徴収できたが、ドライバーや差し押さえる預金口座の特定などが難しく、刑事上の罰則もなかった。 だが、不正通行急増や民営化を背景に昨年10月、罰則を盛り込んだ改正が施行され、状況は一変した。 本四高速を除く高速5社管内で、昨年10月から今年3月までの不払い宣言は約2500台と、その前の半年間の5分の1以下に激減した。 警察も動き出し、今年5月に同クラブ会員を同法違反容疑で初逮捕。 別の会員への調べで、和合会長が「(無料通行しても)大丈夫だ」と不正通行を勧めたことなどが判明し、9月にに逮捕された。 県警は、押収資料から会員数は約430人と推定、よりも単に「無料通行できるから」と会員になった人が少なくないとみる。 和合会長は当初「無料通行は信念で、ただ乗り運動ではない」と供述していたが、役員らが相次いで逮捕されると、「世間を騒がせた」と反省をみせた。 ただ、「高速道路は本来無料」との持論は曲げていないという。 クラブは壊滅状態となったが、高速料金を払わない人が減っているわけではない。 ETC車線で故意にバーを押し破るなどの強行突破は05年度93万件。 01年度の3倍以上で、高速道路会社の新たな悩みになっている。 >故意にバーを押し破る 私がよく通る有料道路のETCゲートは,閉じているゲートを押し破ろうにも,車幅より遥かに幅広く間隔が設けられているから,そもそも「押し破る」ことはできない。 壊されるよりは,広めに設置して圧迫感だけ与えよう,ということだろうか。 misola.

次の

#探偵ファイル/探偵魂

フリーウェイ クラブ

今回の挙で、最もネタにされたN国党。 公共の電波を使って、ユーチューバーが度を超したウケ狙いのことを言っているのと理屈は同じ。 実際、者の話を聞いてると「継続振り込みをした後で無視すれば良い」など、受信料支払いに関する違法行為を平然と発言している。 どうせなので、落選する可能性はほぼ100%だが、供託金没収だけでなく、違法行為を平然と公共の電波を使って発言した以上、選挙後に側から別件で訴訟沙汰になる可能性が大きく、それをきっかけに受信料納付が今以上に厳罰化されるだけだろう。 とは畑が異なるものの、かつて 「高速道路の通行料が高いから、抗議の一環として料金を払わない」といって暴走した組織が昔ありまして。 という犯罪集団なんですがね。 結局、その代表は不正通行や脱税容疑などで摘発された上、実はに手を染めていたという裏話が出てきて大騒動に発展し、有料道路制度の仕組みを扱った 「」の改正で 「支払わなかった者は刑罰を処す」となって厳格化された経緯があるわけ。 上述のさんの話に通ずることだが、N国党のお笑いとは別に、 受信料との運営体制に関しては、幅広い国民的議論は必要。 私は第1と第2を区別する際、第1テレビ(総合テレビ)は税金で運用する国営放送の形態で運用する形で無料化する代わりに、中立性重視のニュース・ドキュメンタリー・・行政情報・天気予報・緊急性を伴う報道番組を流す。 一方、第2は個別契約の形で有料化した上で、そこで相撲中継・スポーツ中継・バラエティ番組・教育番組・福利厚生番組などを放送するなどして、国営と公共放送を分離させる案を導入する方がいいと思っている。 個別契約を望まなければ第2はブル化していいし、受信装置の有無を問わずに、最も公平に視聴者のニーズに応えられる。 ただ、としてはを持たないだろうし、国営化となれば政府のに悪用されてしまうリスクもあって、なかなか難しいところがあるとは思う。 絶対に真似しちゃダメだよ。

次の