トイレ タンク 水 漏れ。 トイレ水漏れ 床に水が溜まる 便器とタンクの間からの水漏れ?

【図解】トイレタンク水漏れ修理方法!自分で 原因 チョロチョロ

トイレ タンク 水 漏れ

「トイレの便器と床の間から水が漏れてくる…」 「トイレの床が水浸しになってしまった…・ そんなことであなたは悩んでいませんか? トイレの水漏れには様々な状況や原因がありますが、実は一番厄介で注意が必要なのが「床からの水漏れ」です。 タンクや給水管など露出しているパイプからの修理の場合は比較的簡単に工事もできますが、床からの水漏れとなると床下に原因があると大がかりな工事が必要になる場合も出てきます。 しかし、実は結露など水漏れなどとは全く関係ない原因で床が濡れたりすることもあるので、まずは原因を見つけることが大切になります。 原因を見つけることができれば解決策も見つかります。 トイレの床からの水漏れで以前に悩んだことがありました。 その時に色々と調べたことについてまとめてみましたのでこれを参考に水漏れを解消してくださいね。 きれいな水が漏れている場合 トイレの床からの水漏れを分析するときに、まず大きく分けて「きれいな水が漏れている場合」と「汚水が漏れている場合」の2つがあります。 まず原因究明には、この2つのどちらかなのかを見極めてから対応を考えていく必要があります。 まずは、きれいな水が漏れている場合についての紹介です。 症状:寒い時に少量漏れている 気温が下がる冬などに限って床が濡れていたり、黒ずみを作ったりすることがあります。 放っておくと少量の水とはいえ水滴が原因となってしまい、フローリングの床などを傷めてしまうことになります。 ポイントは、きれない水が少量だけ寒い時に限って床が濡れているという点に着目して、原因を分析する必要があります。 原因:トイレ内の気温差による結露 きれない水が少量だけ寒い時に限って床が濡れているという状況での原因としては、温度差による「結露」が考えられます。 室温と湿度が変化することによって、便器そのものの温度と中に貯まっている水温が関係して結露が発生します。 特に冬になると気温が低下して便器と水温の温度差が発生しやすくなり、結露が発生する条件が揃ってしまう事になるわけです。 対策:残留塩素を計って塩素がないことを確かめ、トイレ内を温める まずはじめにすることは、漏れている水の水質を確認することです。 もしタンクなどからの水漏れであれば、水道水には塩素が必ず使われているので塩素反応が現れるはずですが、結露の水であれば塩素は含まれていないので塩素反応は出ません。 この塩素を含まれているかどうかを確認することで、水道水の水漏れなのか結露による水漏れなのかの区別をつけることが出来ます。 残留塩素を調べるためには高価な測定器もありますが、「残留塩素試験紙」が安価で販売されているので、この紙を使用して確認すると良いでしょう。 塩素反応が無く結露による水漏れと確認できたらば、結露を防ぐためのトイレの中の対策の作業となります。 結露による水漏れを防ぐには温度差を無くすことが大事となり、手短に出来ることとしては一度便器の水滴を十分にとってからトイレの中の換気を徹底することです。 窓があれば定期的に窓を開けて換気し、トイレ用の換気扇を常時回しておくことや、トイレの入り口のドアを開放しておくのも効果的な方法です。 結露防止スプレーも発売されているので、タンクと便器の表面の汚れと水天を十分に拭き取ってから、スプレーをして乾いた布で全体に伸ばして拭けば、結露防止の効果は期待できます。 トイレ用の小型の温風機も室温が上がることで温度差が無くなるので、結露防止には有効な方法ですが、温風機はそれなりに電気代も掛かってしまうので、その当たりも考えて使用してみましょう。 建物の築年数が経過していると結露は発生しやすくなるので、費用は掛かりますが防露便器や防露タンクが発売されているので、こういったタイプに交換するのも一つの方法です。 症状:タンクから水が滴っている跡がある 水漏れの症状としてタンクから水が滴っている跡ある場合は、タンクの中の何らかの異常によってタンクの蓋などから水が滴ってくる事が多く見られます。 こういった場合には、まず原因をしっかりと究明した上で必要な故障箇所を特定して、劣化している部品の交換を行いましょう。 詳しくは解説しています。 トイレの構造についてはこちらをご覧ください。 まずひとつめのゴムフロートは、トイレタンクに貯まっている水を便器側へ流れないように止めている部品で、 水を流すレバーを引くとチェーンにつながれたゴムフロートが引っ張られるとこで、便器に水が流れる仕組みになっています。 このゴムフロートが劣化や破損すると、本来レバーを引いたときにしか流れないはずの便器への水が少しずつ流れることになり、それが原因となってタンクから水が滴ってしまうことが考えられます。 もうひとつの原因としては、同じくタンクの内部にあるポールタップという部品の劣化や破損が考えられます。 ボールタップとは、付属する浮き玉が水面を上下することで自動的に開閉する水栓のことで、水が無くなると浮き球が下がり開いた状態になり、一定の水位まで水が貯まると浮き球が上がって閉じます。 この動作によってタンク内の水をレバーで流した後に、自動的に水を給水して満水になると止めてくれている訳です。 このポールタップの浮き玉自体が壊れることはほとんどありませんが、毎日何回と利用して行くうちに浮き玉を支える軸に負担が掛かり、負荷が掛かるところが破損したりします。 そうなるとタンク内に水が貯まらなくなったり、水が流れ続けてしまったりすることが原因となって、水漏れを起こすことがあります。 対策:タンク内のゴムフロート・ボールタップの交換 それではタンク内のゴムフロートやボールタップの交換方法を解説します。 【ゴムフロート交換方法】 ゴムフロートの取り外し方は、まずタンクに水を供給している止水栓を確認し、マイナスドライバーを使って止水栓を止めてから、レバーを引いてタンクの中の水を空にします。 次にゴムフロートに付いているチェーンを接続部分の溝から外し、オーバーフロー管の接続を外すと古いゴムフロート管を外すことが出来ます。 交換するべきゴムフロートの部品ですが、何種類も発売されていて素人では区別が付かないので、古いゴムフロートを外したらホームセンターなどに直接持参し、店員さんに適正な物を選んでもらうと良いでしょう。 新しいゴムフロートを取り付けする前に、オーバーフロー管をブラシなどを使ってしっかりと水垢を落としてから作業に入りましょう。 取り外した手順とは逆に、先にオーバーフロー管にゴムフロートを取り付け、ゴムフロートに付いているチェーンを接続部分に引っ掛けます。 チェーンの長さはチェーンを長くするとゴムフロートの開きは小さくなるので流れる水の量は少なくなり、チェーンを短くするとゴムフロートの開きが大きくなるので、流れる水の量が多くなります。 節水のためにはチェーンを長くすればいいわけですが、水量は多すぎても少なすぎてもいけないので、ちょうどいい長さに調整しましょう。 モンキーレンチ・プラスドライバー・マイナスドライバー・バケツ・雑巾の道具が必要で、どれも特別な工具では無く簡単に近くのホームセンターなどで入手できます。 交換の手順としては、まずタンクに水を供給しているホースの付け根付近に付いてある止水栓をマイナスドライバーを使って閉めます。 止水栓の下には水漏れをした時を想定して、バケツを置いておき雑巾も準備して作業を行いましょう。 止水栓を止めたらタンク内の水をレバーを引いて流しておくと、タンク内の水が空になって作業がしやすくなります。 次にタンクに設置してあるボールタップを取り外しますが、まず止水栓からタンクまでの給水管をモンキーレンチを使って外します。 給水管の中には水がたまっているので、下にバケツを置いて水がこぼれないように注意しましょう。 給水管を外したら次にボールタップを取り外しますが、浮き玉がタンクを挟むように固定されているので、タンクの内側のボールタップを押さえながら、外側のナットをモンキーレンチを使ってまわします。 内側のボールタップしっかりと押さえながら外側のナットをまわさないと、一緒にボールタップまで回ってしまうので、注意してナットをまわして取り外しましょう。 新しく取り付けるボールタップの部品は、多くのトイレに使用できる汎用型ボールタップも販売されていますので、そういったタイプを購入する方法もあります。 共通して使えるかどうか自信が無いのであれば、取り外したボールタップの部品をそのままホームセンターなどに持ち込んで、店員さんに選んでもらうと良いでしょう。 新しいボールタップを取り付けるには、まず取り外した穴にボータップの給水口を差し込んで、ねじ山に内側のパッキンを取り付けてから、手で軽くナットを締めて固定します。 次に外側のパッキンを取り付けて、内側のボールタップが回らないように押さえながら、外側のナットをモンキーレンチを使ってしっかりと締め付けます。 このときの注意点は、ボールタップを押さえるときに平行を保ちながら作業を行わないと、水漏れの原因となるので注意して作業を行いましょう。 次にはじめに取り外した給水管を取り付けますが、接続する前に必ずパッキンを入れることを忘れず、給水管の平行を確認してモンキーレンチを使用して、しっかりと締め付けます。 閉じていた止水栓をマイナスドライバーでゆっくりと水が漏れていないか確認しながら開いていきます。 タンクに貯まったらタンク中央部にあるねじをプラスドライバーを使いまわすことで、浮き玉の高さが調節できるので、水量を考えて調整しましょう。 水量の調節が終わったらタンクの蓋をして、最後に水を流して水漏れが無いか確認したら作業終了です。 ここまでのタンク内のゴムフロート・ボールタップの交換については、ある程度DIYの心得のある方なら出来る作業ですが、そうでない方にはやや難しい作業でもあります。 無理に自分で作業を行って、余計な費用が発生する事態になっても困りますので、交換作業に自身が無いのであれば、迷わず水道屋さんや設備工事店さんなどに交換作業の依頼をするのが無難です。 もう一つがタンクは使用しないで、温水ヒーターによって瞬間的に加熱して温水を作り出す瞬間式があります。 タンクに水をためて温水を作る貯湯式は、どうしても長年の劣化によるタンクからの水漏れの可能性があり、瞬間式とて劣化での水漏れがない訳ではありません。 それだけにウォシュレットは年数が経過すると本体からの水漏れが起こる可能性があり、基本的にはトイレの一部では無く電気製品という意識でいましょう。 原因:ウォシュレットのタンクのひび、劣化による水漏れ ウォシュレットからの水漏れの原因は、それぞれのパーツの接続部分・温水のノズル部分・操作ボタンの裏側付近・タンクや給水ソケット付近などさまざまな箇所からの水漏れが考えられます。 水漏れの原因として考えられることとしては、ウォシュレット内部にあるタンクのひびや劣化によっての可能性が高いと思われます。 一見少量の水漏れだと自分で修理が出来そうな気がしてしまいますが、最近のウォシュレットは見た目よりも構造は複雑になっていて、自力で修理するのは現実的にかなり難しいと考えた方が良いでしょう。 対策:メーカーに問い合わせる ウォシュレットを使用すると濡れるという症状の場合は、ほぼウォシュレット本体からの水漏れの原因なので、無理に自分で直そうとしても、自体をさらに悪化させてしまっても困ります。 今使用しているメーカーと品番を事前に確認して、パナソニック・INAX・TOTOなどのメーカーに直接連絡して、現在の症状を伝えるとおおよその修理代を試算してすぐ教えてくれます。 その修理代金のおおよその金額を聞いて、想定内の金額であれば修理を依頼しても良いですが、元々の購入したときの金額よりも、修理をしたときの時の方が高く付く可能性があります。 ウォシュレット本体からの水漏れの場合の修理代は高額になる可能性が高いので、使用年数も考慮して修理するか買い替えるかを検討するとよいでしょう。 またウォシュレット本体からの水漏れの場合でも、メーカー以外にも専門の業者が直接対応して比較的手頃な金額で修理してくれるところもあるので、利用してみるのも良いでしょう。 症状:水を流すと濡れる タンクに付いてるレバーを引いて水を流したときに水が漏れる症状も、トイレの水漏れには良くあるケースです。 水漏れには大がかりな工事が必要なったり費用もかなり掛かってしまうこともありますが、このケースは原因となるところが見極めやすい症状なので、自分でも対応できる可能性が高いです。 原因:配管の接続部から水漏れしている 水を流したときのみに水が漏れると言うことは、タンクから便器に水が流れるときに漏れている訳なので、原因としてはタンクと便器を接続している配管からの水漏れにほぼ間違いありません。 配管も露出しているので確認しやすく、手で触って湿っているところがあればその接続部分からの水漏れと言うことになります。 接続部分はタンク側・便器側・その中間と3箇所あるので、どの部分からの水漏れなのか良く確認してみましょう。 対策:配管のナットを締める パッキンを換える どの部分か確認が出来たら、モンキーレンチを使用してナットをよく締め付けてみて、水が止まるかどうか確認してみましょう。 ナットのゆるみだけの原因であれば、しっかりと締め付ければ水漏れは止まりますが、締め付けても水漏れするようなときはパッキンの交換が必要となります。 パッキンの交換の手順はまずタンクに水を給水している止水栓をマイナスドライバーで閉めて水を止めます。 次にレバーを引いてタンクの水を流して、タンクの中の水を空の状態にしてから接続配管の水漏れ箇所をモンキーレンチを使って外し、パッキンを交換して元のようにナットを締め付けて完了です。 水漏れ自体がわずかな量で配管のパイプを外すのが難しい場所であれば、水漏れを応急処置してくれる自己融着テープがホームセンターで販売しているので、このテープを利用するのも一つの方法です。 汚水が漏れている場合 トイレの床からの水漏れを分析するときには、「きれいな水が漏れている場合」と「汚水が漏れている場合」の2つがあり、このどちらかによって対応が変わります。 ここでは汚水が漏れている場合についてご紹介しましょう。 症状:便器と床の間からじわりじわりと水がしみ出る 症状として汚水が便器と床の間からじわりじわりとしみ出ている症状の場合は、きれいな水の場合はいろいろな原因が考えられますが、汚水となると原因はほぼ特定されてきます。 このケースはきれいな水なのか汚水なのかを良く見極めて判断することが大事になります。 原因:便器のひび割れ 汚水が便器と床の間からじわりじわりとしみ出ている場合の原因は、便器そのものからの漏れしか考えられないため、便器のひび割れなどによる汚水漏れと特定できます。 汚水の漏れている場所がどこなのか特定できると対策の方法も変わってくるので、できる限り漏れている場所やどの程度の量が漏れているのかをよく確認してみましょう。 対策:業者を呼んで交換作業をしてもらう 便器のひび割れの場所がはっきりと特定できて、汚水が漏れている量も少ない場合なら防水パテを使用して水漏れを防ぐことが出来ます。 どうしても余り費用を掛けないで水漏れを止めたいときは、この防水パテをうまく利用する方法をとってみましょう。 しかし防水パテの処置はあくまでも一時的なもので、いずれはパテで補修したところも劣化により水漏れを起こす可能性が高いので、その時にはやはり便器そのものの交換が必要となります。 便器の交換となるとDIYでできる作業では無いので、水道屋さんや設備工事業者に依頼して交換してもらいましょう。 最近は、トイレなどの水回りのトラブルに対応している良心的な業者を紹介してくれるサイトもあるので、特に知り合いの業者がいなく、工事代金もいくら掛かるのか不安なときには利用してみるのも良いでしょう。 症状:汚物が水漏れしている トラブルの症状として汚物と水が一緒に漏れ出している状況がありますが、このケースは施工してから時間がまだ日が浅い事が多いことが予想され、その当たりについて原因を探ってみましょう。 原因:便器取り付け時の設置不良 施工してからの日が浅く、症状として汚物と水が一緒に漏れ出しているのなら、便器取り付け時の設置不良が原因として考えられます。 便器の取付時の設置不良なんてあるの?と思われますが、意外に経験不足の業者さんが施工した時などにはあり得ることなので、そんなこともあるんだと言うことを知っておきましょう。 対策:ブルーレットで水を青くし、水漏れを確認後設置した業者を呼んで無料修理交渉する 業者の設置不良の可能性が高いときには、便器中の水をブルーレットで青く着色したり、墨汁で黒く着色したりして一晩放置してみて、あらためて床下を確認してみましょう。 翌日よく見てみると、ブルーレットの青色や墨汁の黒色の水が漏れているとなれば、はじめに設置した業者の設置不良の可能性が高くなります。 そうなれば自分で修理できるような状態では無いので、はじめに設置した業者に連絡を取り、状況を詳しく説明した上で、無料による修理交渉を行ってみましょう。 状況が様々考えられるために、必ず無料修理してくれるかはわかりませんが、業者が設置不良を認めたとなると無料修理に応じてくれる可能性は高くなります。 原因や処置方法をうやむやにされないように、現場での確認や作業の時にはよく見ておくと良いでしょう。 症状:水の色が黄色い、匂いがきつい 水の色が黄色い、匂いがきついといったケースでは、複数の家族がいて高齢者やまだ幼い子どもがいる時などによく見られます。 まず自分の家族構成を考えてみましょう。 原因:尿を単にもらした 自分で尿をもらしたりしない人だと、案外家族が尿を漏らしたと言う事に無頓着になりやすい時があります。 認知症の高齢者やまだ幼い子どもなどは、本人が尿をもらしたこと気付いていないことが多くあり、深夜トイレに起きた時などには特にあり得る状況です。 毎回のようにもらしていると誰でも直ぐに気付きますが、1ヶ月に1~2度程度だと案外尿を漏らしたとは気づかず、漏らした本人が自覚症状が無いからなかなか困ったものですよね。 対策:掃除をする お子様が漏らした場合は掃除も一緒に。 対策としては尿をもらすような事は誰にでもある事なので、そんな状況の時には単に掃除をすることで解決できます。 しかし現実として介護が必要な家族がいる家庭では切実な問題でもありますが、そんな時に力を発揮してくれるアイテムがいくつかあるのでご紹介しましょう。 よく尿もれになるのが、便座と便器の隙間からもれるケースで、そんな時は便座と便器の隙間に「おしっこ吸い取りパット」を使うと掃除の回数をかなり減らしてくれて便利です。 またそれでも漏れる場合は「便器隙間テープ」があり、便器と床の垣間に貼る消臭加工テープで、垂れてきた使用を吸収してくれるので、これまた掃除を楽にしてくれるアイテムです。 こんな便利なアイテムも発売されているので活用してみるのも良いでしょう。 症状: 黒っぽい水がしみてきている 便器の床付近から汚水が漏れていているケースで黒っぽい水が漏れていて、設置してからすでに数年経過しているときには、設置不良や便器のひび割れではないと思われます。 この黒っぽい水と設置してから数年が経過しているとすれば、今回の原因と考えると良いでしょう。 原因:排水部パッキンの劣化 今回の原因として考えられるのが、便器と排水部を接続しているパッキンが劣化している事による水漏れが考えられます。 便器と排水部を接続しているパッキンからの水漏れだと、排水部の長年のナビや汚れが混じるために水が黒くなり、その接続部のパッキンが劣化することで水漏れが発生します。 対策:パッキンの交換 今回の対策としては、便器と排水部を接続しているパッキンを交換することで解決しますが、便器と排水部の接続しているパッキンを交換するのは、一度便器を取り外す必要があるために簡単にはいきません。 自分で修理することも出来なくは無いのですが、交換すべきパッキンを事前に入手しなければならなかったり、便器を取り外したものの今度は元に戻せなくなったりしても困ります。 今回のケースの場合は、無理をせずに専門の業者さんに依頼するのが無難でしょう。 でも普段から頼んでいる設備屋さんなどがいればいいのですが、頼んだことの業者さんだと費用もどのくらい請求されるのかわからず、どうしても頼みにくいものです。 そんな時に便利なのが、トイレつまりや水漏れにおすすめの修理業者を紹介してくれるサイトがあるので、こういったサイトを利用するのが便利です。 不安のある修理代金もおおよその目安を事前に連絡してくれたり、より料金が安かったり評判の良い業者さんをランキングを当サイトでも掲載していますので参考にしてみてください。 症状:結露が発生しない日にも漏れている 設置してからの年数もまだ浅く、結露するような寒い時期でも無いのに便器が床に接している付近から、水がしみ出しているような時があります。 結露して床が濡れているケースと状態が似ているので、見極め方としては結露するような状態では無いときにも同じ現象が発生するかどうかを確認することです。 原因:施工不良 この結露にも似た水漏れの原因となっているのが、便器本体と床との接地面に取り付けてあるシール材とよばれるものの施工不良が疑われます。 便器を取り付けるときのボルトの締め付け方が弱かったり、施工時に小さなゴミが噛んでしまったりして水が漏れることがあり、プロが施工したとしてもありうる現象です。 また便器そのものに原因がある可能性もあるので、一度施工してもらった業者にしっかりと状況を伝えた上で、点検をしてもらいましょう。 対策:状況を立ち合いのもと確認してもらい、パッキンや粘土質のシール材をつけかえてもらう 対策としては、施工してもらった業者さんに状況を立ち会いのもと確認をしてもらい、水漏れの原因となっているパッキンや粘土質のシール材をつけかえてもらいましょう。 ただこのケースは一概に業者の施工不良ともいいきれないところがあり、掃除のために便器の上にのったりしたことによって、便器と床との接地面にズレが生じた事によってもありえます。 施工直後ならともかく、2~3年が経過しているとなると原因がいくつか考えられるだけに、施工不良とも言い切れず無料での修理に応じてくれるかは難しいかもしれません。 ・基本料金+作業費用+出張料が7000円からと格安 ・電話相談、キャンセル料0円 ・年間48000件の実績 ・全国が対応エリア ・365日対応可能 水トラブル修理までの流れ 最短30分で駆けつけてくれます。 詳しくはこちらよりどうぞ。 ご覧頂いたとおり症状も様々なケースがあり、その原因や対策についても素人でも簡単に修理できる事から、専門の業者に依頼して高額な修理代金が掛かる場合のものまであります。 トイレの水漏れはそのままにしておくと大きなリスクをともなります。 今回紹介したことを参考に修理をしてみてくださいね。

次の

トイレタンクからの水漏れ・つまりの原因や修理方法

トイレ タンク 水 漏れ

このようなトイレタンクの水漏れは、いったん漏れ始めると止まらずに流れ続けますし、もし外に漏れて「階下まで水浸し」などということになると、後始末も大変なことになります。 さらに、水道局から、「水道代金が高くなっています」「漏水の疑いがあります」などのお知らせがあった場合、まず確認しておきたいのもトイレタンクの水漏れ。 ほんの少量の水漏れであっても毎日つづけば、水道料金はどんどん跳ね上がっていきますので要注意です。 トイレタンクの水漏れが見つかったら、止水栓を止めるなどの応急処置を行ったうえで、できるだけ早く専門業者にお任せすることをおすすめします。 タンク内の水に浮いているゴムボール(ゴムフロート)取替え…およそ3,000円~7,000円• トイレを流す為のレバー(ハンドル)取替え…およそ5,250円~12,600円• ボールタップ(タンクに給水するための部品)取替え…およそ8,000円~14,000円• おすすめ業者3選 トイレ110番 急に起こる、トイレタンクの水漏れ。 地域エリア内を巡回するスタッフが迅速に対応します。 水漏れトラブルは5,000円~で、キャンセルも無料となっています。 水漏れ修理費用:5,000円~ 昭和水道設備 低価格、スピーディかつ丁寧な作業に定評がある業者です。 見積もりをしっかり提示してからの作業となるので安心。 全ての作業に保険が適用されるのもポイントです。 水漏れ修理費用:5,000円~ 水道救急センター それぞれの地域スタッフが巡回しているため、頻繁に起こる急な水漏れにも迅速に対処できます。 10年以上のキャリアを持つスタッフが、トイレタンクの水漏れも丁寧に対応。 日時指定ももちろん大丈夫ですよ。 水漏れ修理費用:2,000円~ 水漏れの症状をチェック トイレのタンクからの水漏れ症状を確認して適切な対処を行ないましょう。 ここではチェック項目をピックアップしました。 タンクのフタを開けると出てくる樹脂カバーに設置されているのが確認できます。 スポンジが潰れていたり外れていたりしていないか確認しましょう。 破損している可能性もあるので、目視で確認しましょう。 トイレを使用する際は必ず動かす箇所なので、劣化や摩耗が激しい場所です。 パッキンを交換すれば水漏れは直ります。 また、ゴムフロートに異常があるかもしれません。 タンクのフタを開けて確認できます。 水漏れ箇所に合わせて部品を交換すれば直すことが可能です。 下記ではそれぞれの詳しい対処法を載せているので、参考にしてみてください。 タンクのフタを開けて内側の樹脂カバーを取り出しましょう。 古いスポンジを取り除き汚れをきれいに取り除きます。 汚れが残っていると新しいスポンジが上手く設置できないので注意してください。 整流スポンジの交換が終わったら、タンクのフタを元に戻して終了です。 パッキンだけ劣化している場合は、新しいパッキンと交換すれば水漏れを直すことが可能です。 タンクのフタを取り外して、モンキーレンチやスパナを使い手洗管を取り外します。 まるごと交換する場合は、そのまま取り替えます。 パッキンを交換するときは手洗管をいったん外して分解し、古いパッキンを取り出して新しいものと交換してください。 タンクのフタを開けてレバーを取り外しましょう。 ボルトやナットはモンキーレンチ、スパナがあれば簡単に取り外すことが可能。 新しいパッキンと交換すれば水漏れは止まります。 ボールタップに異常があると、給水が止まらずにオーバーフロー管から水があふれ出して便器内へ。 水を止める役割のあるゴムフロートに異常があると、水を完全に止められず水が便器へ流れます。 まずはタンクの中を見て状況を確認しましょう。 各パーツを調整するだけで直ることもありますが、交換が必要であれば新品に取り替えます。 ゴムフロートは工具を使わずに交換できますが、ボールタップはモンキーレンチやスパナなどが必要です。 無理に修理を行なうとタンク内の破損に繋がるため、修理に自信がないなら水道修理業者に依頼することをおすすめします。 配管が新しい場合はパッキンのみの交換で問題ありません。 ただし、経年劣化で配管が傷んでいる場合は、パッキンだけではなく配管ごと交換することをおすすめします。 パッキンを交換しても配管から水漏れしては意味がありません。 配管を交換するときはパッキンも一緒に交換できるので一石二鳥です。 モンキーレンチやスパナがあれば取り替えられますが、取り付けを間違えるとさらに水漏れを悪化させる可能性があるので、心配なら水道修理業者に相談しましょう。 タンクの水漏れ予防策 トイレの便器やタンクの不具合を予防するには、日頃からのメンテナンスが大切です。 こまめに掃除を行ない、定期的に便器回りやタンク内をチェックしましょう。 タンク内を掃除するときは使い終わった歯ブラシや、耐水性のあるサンドペーパー(1000番前後の粗さがおすすめ)で汚れを落とします。 掃除が終わった後は、タンク内の汚れを流してください。 タンクの汚れを予防してくれる洗浄剤を使うもの有効です。 あくまで予防するだけなので、掃除を怠ってはいけません。 ここまでやっても改善しない場合や、「修理中にパーツを傷めてしまった」「水漏れが悪化してしまった」などの場合は、すぐに専門業者に連絡しましょう。 素人判断での無理な修理はたいへん危険です。 [PR].

次の

トイレタンクから水が溢れた応急処置!原因別の修理方法

トイレ タンク 水 漏れ

「トイレの便器と床の間から水が漏れてくる…」 「トイレの床が水浸しになってしまった…・ そんなことであなたは悩んでいませんか? トイレの水漏れには様々な状況や原因がありますが、実は一番厄介で注意が必要なのが「床からの水漏れ」です。 タンクや給水管など露出しているパイプからの修理の場合は比較的簡単に工事もできますが、床からの水漏れとなると床下に原因があると大がかりな工事が必要になる場合も出てきます。 しかし、実は結露など水漏れなどとは全く関係ない原因で床が濡れたりすることもあるので、まずは原因を見つけることが大切になります。 原因を見つけることができれば解決策も見つかります。 トイレの床からの水漏れで以前に悩んだことがありました。 その時に色々と調べたことについてまとめてみましたのでこれを参考に水漏れを解消してくださいね。 きれいな水が漏れている場合 トイレの床からの水漏れを分析するときに、まず大きく分けて「きれいな水が漏れている場合」と「汚水が漏れている場合」の2つがあります。 まず原因究明には、この2つのどちらかなのかを見極めてから対応を考えていく必要があります。 まずは、きれいな水が漏れている場合についての紹介です。 症状:寒い時に少量漏れている 気温が下がる冬などに限って床が濡れていたり、黒ずみを作ったりすることがあります。 放っておくと少量の水とはいえ水滴が原因となってしまい、フローリングの床などを傷めてしまうことになります。 ポイントは、きれない水が少量だけ寒い時に限って床が濡れているという点に着目して、原因を分析する必要があります。 原因:トイレ内の気温差による結露 きれない水が少量だけ寒い時に限って床が濡れているという状況での原因としては、温度差による「結露」が考えられます。 室温と湿度が変化することによって、便器そのものの温度と中に貯まっている水温が関係して結露が発生します。 特に冬になると気温が低下して便器と水温の温度差が発生しやすくなり、結露が発生する条件が揃ってしまう事になるわけです。 対策:残留塩素を計って塩素がないことを確かめ、トイレ内を温める まずはじめにすることは、漏れている水の水質を確認することです。 もしタンクなどからの水漏れであれば、水道水には塩素が必ず使われているので塩素反応が現れるはずですが、結露の水であれば塩素は含まれていないので塩素反応は出ません。 この塩素を含まれているかどうかを確認することで、水道水の水漏れなのか結露による水漏れなのかの区別をつけることが出来ます。 残留塩素を調べるためには高価な測定器もありますが、「残留塩素試験紙」が安価で販売されているので、この紙を使用して確認すると良いでしょう。 塩素反応が無く結露による水漏れと確認できたらば、結露を防ぐためのトイレの中の対策の作業となります。 結露による水漏れを防ぐには温度差を無くすことが大事となり、手短に出来ることとしては一度便器の水滴を十分にとってからトイレの中の換気を徹底することです。 窓があれば定期的に窓を開けて換気し、トイレ用の換気扇を常時回しておくことや、トイレの入り口のドアを開放しておくのも効果的な方法です。 結露防止スプレーも発売されているので、タンクと便器の表面の汚れと水天を十分に拭き取ってから、スプレーをして乾いた布で全体に伸ばして拭けば、結露防止の効果は期待できます。 トイレ用の小型の温風機も室温が上がることで温度差が無くなるので、結露防止には有効な方法ですが、温風機はそれなりに電気代も掛かってしまうので、その当たりも考えて使用してみましょう。 建物の築年数が経過していると結露は発生しやすくなるので、費用は掛かりますが防露便器や防露タンクが発売されているので、こういったタイプに交換するのも一つの方法です。 症状:タンクから水が滴っている跡がある 水漏れの症状としてタンクから水が滴っている跡ある場合は、タンクの中の何らかの異常によってタンクの蓋などから水が滴ってくる事が多く見られます。 こういった場合には、まず原因をしっかりと究明した上で必要な故障箇所を特定して、劣化している部品の交換を行いましょう。 詳しくは解説しています。 トイレの構造についてはこちらをご覧ください。 まずひとつめのゴムフロートは、トイレタンクに貯まっている水を便器側へ流れないように止めている部品で、 水を流すレバーを引くとチェーンにつながれたゴムフロートが引っ張られるとこで、便器に水が流れる仕組みになっています。 このゴムフロートが劣化や破損すると、本来レバーを引いたときにしか流れないはずの便器への水が少しずつ流れることになり、それが原因となってタンクから水が滴ってしまうことが考えられます。 もうひとつの原因としては、同じくタンクの内部にあるポールタップという部品の劣化や破損が考えられます。 ボールタップとは、付属する浮き玉が水面を上下することで自動的に開閉する水栓のことで、水が無くなると浮き球が下がり開いた状態になり、一定の水位まで水が貯まると浮き球が上がって閉じます。 この動作によってタンク内の水をレバーで流した後に、自動的に水を給水して満水になると止めてくれている訳です。 このポールタップの浮き玉自体が壊れることはほとんどありませんが、毎日何回と利用して行くうちに浮き玉を支える軸に負担が掛かり、負荷が掛かるところが破損したりします。 そうなるとタンク内に水が貯まらなくなったり、水が流れ続けてしまったりすることが原因となって、水漏れを起こすことがあります。 対策:タンク内のゴムフロート・ボールタップの交換 それではタンク内のゴムフロートやボールタップの交換方法を解説します。 【ゴムフロート交換方法】 ゴムフロートの取り外し方は、まずタンクに水を供給している止水栓を確認し、マイナスドライバーを使って止水栓を止めてから、レバーを引いてタンクの中の水を空にします。 次にゴムフロートに付いているチェーンを接続部分の溝から外し、オーバーフロー管の接続を外すと古いゴムフロート管を外すことが出来ます。 交換するべきゴムフロートの部品ですが、何種類も発売されていて素人では区別が付かないので、古いゴムフロートを外したらホームセンターなどに直接持参し、店員さんに適正な物を選んでもらうと良いでしょう。 新しいゴムフロートを取り付けする前に、オーバーフロー管をブラシなどを使ってしっかりと水垢を落としてから作業に入りましょう。 取り外した手順とは逆に、先にオーバーフロー管にゴムフロートを取り付け、ゴムフロートに付いているチェーンを接続部分に引っ掛けます。 チェーンの長さはチェーンを長くするとゴムフロートの開きは小さくなるので流れる水の量は少なくなり、チェーンを短くするとゴムフロートの開きが大きくなるので、流れる水の量が多くなります。 節水のためにはチェーンを長くすればいいわけですが、水量は多すぎても少なすぎてもいけないので、ちょうどいい長さに調整しましょう。 モンキーレンチ・プラスドライバー・マイナスドライバー・バケツ・雑巾の道具が必要で、どれも特別な工具では無く簡単に近くのホームセンターなどで入手できます。 交換の手順としては、まずタンクに水を供給しているホースの付け根付近に付いてある止水栓をマイナスドライバーを使って閉めます。 止水栓の下には水漏れをした時を想定して、バケツを置いておき雑巾も準備して作業を行いましょう。 止水栓を止めたらタンク内の水をレバーを引いて流しておくと、タンク内の水が空になって作業がしやすくなります。 次にタンクに設置してあるボールタップを取り外しますが、まず止水栓からタンクまでの給水管をモンキーレンチを使って外します。 給水管の中には水がたまっているので、下にバケツを置いて水がこぼれないように注意しましょう。 給水管を外したら次にボールタップを取り外しますが、浮き玉がタンクを挟むように固定されているので、タンクの内側のボールタップを押さえながら、外側のナットをモンキーレンチを使ってまわします。 内側のボールタップしっかりと押さえながら外側のナットをまわさないと、一緒にボールタップまで回ってしまうので、注意してナットをまわして取り外しましょう。 新しく取り付けるボールタップの部品は、多くのトイレに使用できる汎用型ボールタップも販売されていますので、そういったタイプを購入する方法もあります。 共通して使えるかどうか自信が無いのであれば、取り外したボールタップの部品をそのままホームセンターなどに持ち込んで、店員さんに選んでもらうと良いでしょう。 新しいボールタップを取り付けるには、まず取り外した穴にボータップの給水口を差し込んで、ねじ山に内側のパッキンを取り付けてから、手で軽くナットを締めて固定します。 次に外側のパッキンを取り付けて、内側のボールタップが回らないように押さえながら、外側のナットをモンキーレンチを使ってしっかりと締め付けます。 このときの注意点は、ボールタップを押さえるときに平行を保ちながら作業を行わないと、水漏れの原因となるので注意して作業を行いましょう。 次にはじめに取り外した給水管を取り付けますが、接続する前に必ずパッキンを入れることを忘れず、給水管の平行を確認してモンキーレンチを使用して、しっかりと締め付けます。 閉じていた止水栓をマイナスドライバーでゆっくりと水が漏れていないか確認しながら開いていきます。 タンクに貯まったらタンク中央部にあるねじをプラスドライバーを使いまわすことで、浮き玉の高さが調節できるので、水量を考えて調整しましょう。 水量の調節が終わったらタンクの蓋をして、最後に水を流して水漏れが無いか確認したら作業終了です。 ここまでのタンク内のゴムフロート・ボールタップの交換については、ある程度DIYの心得のある方なら出来る作業ですが、そうでない方にはやや難しい作業でもあります。 無理に自分で作業を行って、余計な費用が発生する事態になっても困りますので、交換作業に自身が無いのであれば、迷わず水道屋さんや設備工事店さんなどに交換作業の依頼をするのが無難です。 もう一つがタンクは使用しないで、温水ヒーターによって瞬間的に加熱して温水を作り出す瞬間式があります。 タンクに水をためて温水を作る貯湯式は、どうしても長年の劣化によるタンクからの水漏れの可能性があり、瞬間式とて劣化での水漏れがない訳ではありません。 それだけにウォシュレットは年数が経過すると本体からの水漏れが起こる可能性があり、基本的にはトイレの一部では無く電気製品という意識でいましょう。 原因:ウォシュレットのタンクのひび、劣化による水漏れ ウォシュレットからの水漏れの原因は、それぞれのパーツの接続部分・温水のノズル部分・操作ボタンの裏側付近・タンクや給水ソケット付近などさまざまな箇所からの水漏れが考えられます。 水漏れの原因として考えられることとしては、ウォシュレット内部にあるタンクのひびや劣化によっての可能性が高いと思われます。 一見少量の水漏れだと自分で修理が出来そうな気がしてしまいますが、最近のウォシュレットは見た目よりも構造は複雑になっていて、自力で修理するのは現実的にかなり難しいと考えた方が良いでしょう。 対策:メーカーに問い合わせる ウォシュレットを使用すると濡れるという症状の場合は、ほぼウォシュレット本体からの水漏れの原因なので、無理に自分で直そうとしても、自体をさらに悪化させてしまっても困ります。 今使用しているメーカーと品番を事前に確認して、パナソニック・INAX・TOTOなどのメーカーに直接連絡して、現在の症状を伝えるとおおよその修理代を試算してすぐ教えてくれます。 その修理代金のおおよその金額を聞いて、想定内の金額であれば修理を依頼しても良いですが、元々の購入したときの金額よりも、修理をしたときの時の方が高く付く可能性があります。 ウォシュレット本体からの水漏れの場合の修理代は高額になる可能性が高いので、使用年数も考慮して修理するか買い替えるかを検討するとよいでしょう。 またウォシュレット本体からの水漏れの場合でも、メーカー以外にも専門の業者が直接対応して比較的手頃な金額で修理してくれるところもあるので、利用してみるのも良いでしょう。 症状:水を流すと濡れる タンクに付いてるレバーを引いて水を流したときに水が漏れる症状も、トイレの水漏れには良くあるケースです。 水漏れには大がかりな工事が必要なったり費用もかなり掛かってしまうこともありますが、このケースは原因となるところが見極めやすい症状なので、自分でも対応できる可能性が高いです。 原因:配管の接続部から水漏れしている 水を流したときのみに水が漏れると言うことは、タンクから便器に水が流れるときに漏れている訳なので、原因としてはタンクと便器を接続している配管からの水漏れにほぼ間違いありません。 配管も露出しているので確認しやすく、手で触って湿っているところがあればその接続部分からの水漏れと言うことになります。 接続部分はタンク側・便器側・その中間と3箇所あるので、どの部分からの水漏れなのか良く確認してみましょう。 対策:配管のナットを締める パッキンを換える どの部分か確認が出来たら、モンキーレンチを使用してナットをよく締め付けてみて、水が止まるかどうか確認してみましょう。 ナットのゆるみだけの原因であれば、しっかりと締め付ければ水漏れは止まりますが、締め付けても水漏れするようなときはパッキンの交換が必要となります。 パッキンの交換の手順はまずタンクに水を給水している止水栓をマイナスドライバーで閉めて水を止めます。 次にレバーを引いてタンクの水を流して、タンクの中の水を空の状態にしてから接続配管の水漏れ箇所をモンキーレンチを使って外し、パッキンを交換して元のようにナットを締め付けて完了です。 水漏れ自体がわずかな量で配管のパイプを外すのが難しい場所であれば、水漏れを応急処置してくれる自己融着テープがホームセンターで販売しているので、このテープを利用するのも一つの方法です。 汚水が漏れている場合 トイレの床からの水漏れを分析するときには、「きれいな水が漏れている場合」と「汚水が漏れている場合」の2つがあり、このどちらかによって対応が変わります。 ここでは汚水が漏れている場合についてご紹介しましょう。 症状:便器と床の間からじわりじわりと水がしみ出る 症状として汚水が便器と床の間からじわりじわりとしみ出ている症状の場合は、きれいな水の場合はいろいろな原因が考えられますが、汚水となると原因はほぼ特定されてきます。 このケースはきれいな水なのか汚水なのかを良く見極めて判断することが大事になります。 原因:便器のひび割れ 汚水が便器と床の間からじわりじわりとしみ出ている場合の原因は、便器そのものからの漏れしか考えられないため、便器のひび割れなどによる汚水漏れと特定できます。 汚水の漏れている場所がどこなのか特定できると対策の方法も変わってくるので、できる限り漏れている場所やどの程度の量が漏れているのかをよく確認してみましょう。 対策:業者を呼んで交換作業をしてもらう 便器のひび割れの場所がはっきりと特定できて、汚水が漏れている量も少ない場合なら防水パテを使用して水漏れを防ぐことが出来ます。 どうしても余り費用を掛けないで水漏れを止めたいときは、この防水パテをうまく利用する方法をとってみましょう。 しかし防水パテの処置はあくまでも一時的なもので、いずれはパテで補修したところも劣化により水漏れを起こす可能性が高いので、その時にはやはり便器そのものの交換が必要となります。 便器の交換となるとDIYでできる作業では無いので、水道屋さんや設備工事業者に依頼して交換してもらいましょう。 最近は、トイレなどの水回りのトラブルに対応している良心的な業者を紹介してくれるサイトもあるので、特に知り合いの業者がいなく、工事代金もいくら掛かるのか不安なときには利用してみるのも良いでしょう。 症状:汚物が水漏れしている トラブルの症状として汚物と水が一緒に漏れ出している状況がありますが、このケースは施工してから時間がまだ日が浅い事が多いことが予想され、その当たりについて原因を探ってみましょう。 原因:便器取り付け時の設置不良 施工してからの日が浅く、症状として汚物と水が一緒に漏れ出しているのなら、便器取り付け時の設置不良が原因として考えられます。 便器の取付時の設置不良なんてあるの?と思われますが、意外に経験不足の業者さんが施工した時などにはあり得ることなので、そんなこともあるんだと言うことを知っておきましょう。 対策:ブルーレットで水を青くし、水漏れを確認後設置した業者を呼んで無料修理交渉する 業者の設置不良の可能性が高いときには、便器中の水をブルーレットで青く着色したり、墨汁で黒く着色したりして一晩放置してみて、あらためて床下を確認してみましょう。 翌日よく見てみると、ブルーレットの青色や墨汁の黒色の水が漏れているとなれば、はじめに設置した業者の設置不良の可能性が高くなります。 そうなれば自分で修理できるような状態では無いので、はじめに設置した業者に連絡を取り、状況を詳しく説明した上で、無料による修理交渉を行ってみましょう。 状況が様々考えられるために、必ず無料修理してくれるかはわかりませんが、業者が設置不良を認めたとなると無料修理に応じてくれる可能性は高くなります。 原因や処置方法をうやむやにされないように、現場での確認や作業の時にはよく見ておくと良いでしょう。 症状:水の色が黄色い、匂いがきつい 水の色が黄色い、匂いがきついといったケースでは、複数の家族がいて高齢者やまだ幼い子どもがいる時などによく見られます。 まず自分の家族構成を考えてみましょう。 原因:尿を単にもらした 自分で尿をもらしたりしない人だと、案外家族が尿を漏らしたと言う事に無頓着になりやすい時があります。 認知症の高齢者やまだ幼い子どもなどは、本人が尿をもらしたこと気付いていないことが多くあり、深夜トイレに起きた時などには特にあり得る状況です。 毎回のようにもらしていると誰でも直ぐに気付きますが、1ヶ月に1~2度程度だと案外尿を漏らしたとは気づかず、漏らした本人が自覚症状が無いからなかなか困ったものですよね。 対策:掃除をする お子様が漏らした場合は掃除も一緒に。 対策としては尿をもらすような事は誰にでもある事なので、そんな状況の時には単に掃除をすることで解決できます。 しかし現実として介護が必要な家族がいる家庭では切実な問題でもありますが、そんな時に力を発揮してくれるアイテムがいくつかあるのでご紹介しましょう。 よく尿もれになるのが、便座と便器の隙間からもれるケースで、そんな時は便座と便器の隙間に「おしっこ吸い取りパット」を使うと掃除の回数をかなり減らしてくれて便利です。 またそれでも漏れる場合は「便器隙間テープ」があり、便器と床の垣間に貼る消臭加工テープで、垂れてきた使用を吸収してくれるので、これまた掃除を楽にしてくれるアイテムです。 こんな便利なアイテムも発売されているので活用してみるのも良いでしょう。 症状: 黒っぽい水がしみてきている 便器の床付近から汚水が漏れていているケースで黒っぽい水が漏れていて、設置してからすでに数年経過しているときには、設置不良や便器のひび割れではないと思われます。 この黒っぽい水と設置してから数年が経過しているとすれば、今回の原因と考えると良いでしょう。 原因:排水部パッキンの劣化 今回の原因として考えられるのが、便器と排水部を接続しているパッキンが劣化している事による水漏れが考えられます。 便器と排水部を接続しているパッキンからの水漏れだと、排水部の長年のナビや汚れが混じるために水が黒くなり、その接続部のパッキンが劣化することで水漏れが発生します。 対策:パッキンの交換 今回の対策としては、便器と排水部を接続しているパッキンを交換することで解決しますが、便器と排水部の接続しているパッキンを交換するのは、一度便器を取り外す必要があるために簡単にはいきません。 自分で修理することも出来なくは無いのですが、交換すべきパッキンを事前に入手しなければならなかったり、便器を取り外したものの今度は元に戻せなくなったりしても困ります。 今回のケースの場合は、無理をせずに専門の業者さんに依頼するのが無難でしょう。 でも普段から頼んでいる設備屋さんなどがいればいいのですが、頼んだことの業者さんだと費用もどのくらい請求されるのかわからず、どうしても頼みにくいものです。 そんな時に便利なのが、トイレつまりや水漏れにおすすめの修理業者を紹介してくれるサイトがあるので、こういったサイトを利用するのが便利です。 不安のある修理代金もおおよその目安を事前に連絡してくれたり、より料金が安かったり評判の良い業者さんをランキングを当サイトでも掲載していますので参考にしてみてください。 症状:結露が発生しない日にも漏れている 設置してからの年数もまだ浅く、結露するような寒い時期でも無いのに便器が床に接している付近から、水がしみ出しているような時があります。 結露して床が濡れているケースと状態が似ているので、見極め方としては結露するような状態では無いときにも同じ現象が発生するかどうかを確認することです。 原因:施工不良 この結露にも似た水漏れの原因となっているのが、便器本体と床との接地面に取り付けてあるシール材とよばれるものの施工不良が疑われます。 便器を取り付けるときのボルトの締め付け方が弱かったり、施工時に小さなゴミが噛んでしまったりして水が漏れることがあり、プロが施工したとしてもありうる現象です。 また便器そのものに原因がある可能性もあるので、一度施工してもらった業者にしっかりと状況を伝えた上で、点検をしてもらいましょう。 対策:状況を立ち合いのもと確認してもらい、パッキンや粘土質のシール材をつけかえてもらう 対策としては、施工してもらった業者さんに状況を立ち会いのもと確認をしてもらい、水漏れの原因となっているパッキンや粘土質のシール材をつけかえてもらいましょう。 ただこのケースは一概に業者の施工不良ともいいきれないところがあり、掃除のために便器の上にのったりしたことによって、便器と床との接地面にズレが生じた事によってもありえます。 施工直後ならともかく、2~3年が経過しているとなると原因がいくつか考えられるだけに、施工不良とも言い切れず無料での修理に応じてくれるかは難しいかもしれません。 ・基本料金+作業費用+出張料が7000円からと格安 ・電話相談、キャンセル料0円 ・年間48000件の実績 ・全国が対応エリア ・365日対応可能 水トラブル修理までの流れ 最短30分で駆けつけてくれます。 詳しくはこちらよりどうぞ。 ご覧頂いたとおり症状も様々なケースがあり、その原因や対策についても素人でも簡単に修理できる事から、専門の業者に依頼して高額な修理代金が掛かる場合のものまであります。 トイレの水漏れはそのままにしておくと大きなリスクをともなります。 今回紹介したことを参考に修理をしてみてくださいね。

次の