ハルカス ライト アップ。 あべのハルカスが再び「ニコニコ」 緊急事態宣言解除で(みんなの経済新聞ネットワーク)

大阪旅行 その7 夜の新世界・天王寺公園・あべのハルカス

ハルカス ライト アップ

【はじめに】 kosuです。 9月下旬に大阪へ行ってきました。 仕事以外では初めての訪問で、9月始めの台風21号の影響で消化不良となった部分もあるので、またそのうち再訪したいですね。 この記事では、2日目夜の新世界・天王寺公園・あべのハルカスについて書いていきます。 ここで想定外の事態が。 夜の新世界のハイライトとして、ライトアップされた通天閣を撮るつもりでしたが、何とライトアップがされていません(涙)。 9月始めの台風21号上陸以来、機器の故障でライトアップを取りやめているとのことです。 初日に訪れた梅田スカイビルの空中庭園展望台も営業休止中と()、台風21号の影響が残っていることを痛感しました。 奥にかすかに見える「イノベーションの日立」のんびり文字が寂しげです。 しょうがないので、「づぼらや」の提灯周辺で適当に何枚か写真を撮りました。 夜の天王寺公園 新世界を後にして、天王寺公園を通ってあべのハルカスへと向かいます。 ここから通天閣を見ると、展望台部分だけはライトアップされているようでした。 何はともあれ右奥に見える、あべのハルカスを目指します。 こちらは大阪市立美術館。 昼間訪れた時にもチラッと触れましたが()、天王寺公園の「てんしば」エリアではオクトーバーフェストが開催されています。 夜の天王寺公園も昼間とは異なる雰囲気で、魅力的でした。 天王寺駅前の様子。 夜のあべのハルカス 昼間に続いて、再びあべのハルカスの展望台「ハルカス300」へ。 でも触れた通り、再入場可能な「ハルカス300 1dayチケット」を購入しており、再入場時にはチケットカウンターの列に並ばず直接入場できて便利です。 展望台からの眺め。 58F「天空庭園」にあるカフェの様子。 最後、あべのハルカス前の近鉄前交差点、阿倍野歩道橋でも数枚写真を撮りました。 この後ホテルに戻り、大阪旅行の2日目終了となります。 【まとめ】 という訳で、2日目夜の新世界・天王寺公園・あべのハルカスの記事でした。 台風の影響による通天閣のライトアップ休止は残念でしたが、一方であべのハルカスは良かったです。 この手の展望台は夜になると館内の照明の映り込みが激しくなり、写真を撮るには不向きな場合も多々あるのですが、あべのハルカスについては比較的映り込みの影響も少なく、写真を撮ることができました! 次の記事では、3日目の住吉大社について書いていきます。 以上、kosuでした。

次の

万博公園の大観覧車オオサカホイール ライトアップ初日遠望

ハルカス ライト アップ

2014年3月7日の開業まで100日を切った あべのハルカス。 既に塔屋部分を含めた建物のライトアップを毎日行っており、昼間でも圧倒的な存在感を放つハルカスが巨大な光輝く塔となって阿倍野の夜景に一本の芯を通しています。 天王寺公園を横断する遊歩道から見る あべのハルカスのライトアップ。 天王寺公園の入口付近から。 ランドマークという言葉以外の表現が見つかりません。 大阪マリオット都ホテルと ハルカス300(展望台)をクローズアップ。 300mという高さから一体どんな眺望が楽しめるのか、今から非常に楽しみです。 阿倍野歩道橋と あべのハルカス。 さながら近未来都市のようです。 サイドからの見上げ。 外観上の特徴となっているトラス構造がライトアップされることで、一見シンプルでありながら実は複雑なディテールを持っていることが分かります。 あべのキューズモールと あべのハルカス。 現在は阿倍野筋の拡幅工事が急ピッチで進んでおり、完了すればさらに景観が引き締まるはずです。 路面電車と あべのハルカス。 ある意味、阿倍野を象徴するカットかもしれません。 新今宮駅前から見る あべのハルカス。 上町台地の外側から見ると、さらに高さが際立ちます。 これが大阪の各所から300mという数字以上に高く見える理由です。 開業カウントダウンバージョンの あべのハルカス。 正直これほど粋な演出をするとは思っていませんでした。 手前には あべてん光の音色シンボルツリー。 ライトアップされたハルカスは想像以上の美しさで阿倍野の夜景を一変させていました。 大阪に限らず最近の高層ビルはライティングデザインに力を入れたものが多いですが、その中でも群を抜いているように感じます。 こういうものをきっかけに夜景やビルそのものに興味を持つ人が増えてくれれば嬉しいですね。 カテゴリー• 396• 114• 136• 224•

次の

「あべのハルカス」はどこから見える?

ハルカス ライト アップ

【はじめに】 kosuです。 9月下旬に大阪へ行ってきました。 仕事以外では初めての訪問で、9月始めの台風21号の影響で消化不良となった部分もあるので、またそのうち再訪したいですね。 この記事では、2日目夜の新世界・天王寺公園・あべのハルカスについて書いていきます。 ここで想定外の事態が。 夜の新世界のハイライトとして、ライトアップされた通天閣を撮るつもりでしたが、何とライトアップがされていません(涙)。 9月始めの台風21号上陸以来、機器の故障でライトアップを取りやめているとのことです。 初日に訪れた梅田スカイビルの空中庭園展望台も営業休止中と()、台風21号の影響が残っていることを痛感しました。 奥にかすかに見える「イノベーションの日立」のんびり文字が寂しげです。 しょうがないので、「づぼらや」の提灯周辺で適当に何枚か写真を撮りました。 夜の天王寺公園 新世界を後にして、天王寺公園を通ってあべのハルカスへと向かいます。 ここから通天閣を見ると、展望台部分だけはライトアップされているようでした。 何はともあれ右奥に見える、あべのハルカスを目指します。 こちらは大阪市立美術館。 昼間訪れた時にもチラッと触れましたが()、天王寺公園の「てんしば」エリアではオクトーバーフェストが開催されています。 夜の天王寺公園も昼間とは異なる雰囲気で、魅力的でした。 天王寺駅前の様子。 夜のあべのハルカス 昼間に続いて、再びあべのハルカスの展望台「ハルカス300」へ。 でも触れた通り、再入場可能な「ハルカス300 1dayチケット」を購入しており、再入場時にはチケットカウンターの列に並ばず直接入場できて便利です。 展望台からの眺め。 58F「天空庭園」にあるカフェの様子。 最後、あべのハルカス前の近鉄前交差点、阿倍野歩道橋でも数枚写真を撮りました。 この後ホテルに戻り、大阪旅行の2日目終了となります。 【まとめ】 という訳で、2日目夜の新世界・天王寺公園・あべのハルカスの記事でした。 台風の影響による通天閣のライトアップ休止は残念でしたが、一方であべのハルカスは良かったです。 この手の展望台は夜になると館内の照明の映り込みが激しくなり、写真を撮るには不向きな場合も多々あるのですが、あべのハルカスについては比較的映り込みの影響も少なく、写真を撮ることができました! 次の記事では、3日目の住吉大社について書いていきます。 以上、kosuでした。

次の