タコ 心臓 3つ。 イカとタコに心臓が3つもある理由とは?そんなにいる…?

タコ

タコ 心臓 3つ

皆さん、こんにちは、もう後数日で新しい年になりますが皆様お元気ですか。 あっちゃんコラムのあっちやんです。 もう、新年を迎える準備は出来ましたか? 私どもは年中無休で「お客様に釣りを通して如何によろこんでいただけるのか」 をテーマに日夜努力しています。 お正月の「福袋」はスタッフ全員がお客様の笑顔を思い浮かべながら、心をこめて 袋に商品と熱い思いをつめて順調に出来上がっています。 お正月には様々なイベントもございますので、ぜひぜひお越しくださいませ。 スタッフ全員で皆様のお越しをお待ちいたしております! サテ、前回の「イカの血液の色」についてお話をしました。 今日は「イカやタコには心臓が3つ」あることをお話します。 え~!!と驚きましたか? そうなんですね タコ、イカには心臓が3つあるのです 一つは体内へ血液を送り出す本来の心臓、そしてあとの2つは「エラ心臓」があります。 エラへ血液を送る為の心臓で、心拍数は一分間に30から40回くらいだそうです、 全身が筋肉だらけで軟体動物の頭足類のタコは海底を這い回っている。 イカはいつもゆっくり 泳いでいるように思われ勝ちですが、タコもイカも猛スピードで泳ぐことが出来るのですよ。 動物の多くはスピードと酸素の消費量との間に大きな関係があります。 即ち、タコやイカは筋肉が大量の酸素を必要とするために、この心臓が「3つ」あるのですね。

次の

【驚異】イカの心臓の数は3つ!?なんでそんなにあるの?

タコ 心臓 3つ

タコはくねくね動く8本の足を器用に使って動き回ったり、獲物を捕まえたりする。 タコはその見た目や動きが目立つが、その内部も人とはかなり異なる。 タコには心臓が3つもある。 1つはメインとなる「心臓」で、人間と同じように全身に血液や酸素を送る役割がある。 残りの2つは「鰓(えら)心臓」と呼ばれるもので、左右の鰓に1つずつ配置されている。 タコの体はそのほとんどが筋肉であり、ぐにゃぐにゃ柔らかい上に猛スピードで泳ぐことができる。 そんな動きの速いタコの体は多くの酸素を必要とするため、心臓が3つあると考えられている。 さらに、タコには脳が9つもある。 その場所は目の奥に1つあり、その他に8本の足の付け根に各1つずつある。 タコの足には吸盤がたくさん付いていて、その数は約1600個にも上る。 タコの吸盤には触覚や味覚などの役割があり、人間でいうと指や舌に相当する部分である。 タコはその吸盤から様々な情報を得ていて、その情報を足の付け根にある8つの脳が扱い、頭部にある脳に伝えている。 ちなみに、タコは一度に約10万個もの卵を産む。 しかし、そのほとんどは魚などの天敵に食べられてしまい、生き残るのは0. 01%ほどの数匹である。 また、日本人は世界一のタコ好きとされ、世界で消費されているタコの3分の2は日本人が食べているとも言われる。 一方、海外では「悪魔の魚(devilfish)」ともいわれ、イタリアやスペイン、ギリシアなどの国で漁業が盛んな地域を除いて、タコは食用としない場合が多い。 リンク:、 関連記事•

次の

タコ(心臓3つ脳9つ脚8本)←こいつが天下取れなかった理由wwwwww: GOSSIP速報

タコ 心臓 3つ

幼いころ、夏休みに家族で訪れた海岸沿いの干物屋さんで、私は初めて地球外生命体に会いました。 何かの映画で見たような見覚えのある楕円形の頭、それにつながる何本もある足……見てはいけないものを見てしまったと思い、両親にも言わずにその衝撃を胸にとどめていました。 それから数年、確か小学校高学年になった頃です。 すっかりその出会いを忘れて、再び訪れた海岸沿いの干物屋さん。 なんとなく恐怖心が沸き上がる中で、目にしたものは「タコの干物」。 あれ?そういえばこれ。。。 「タコ」との初対面は、きっと多くの人が衝撃を受けたような思い出があるのではないでしょうか。 大抵の人は、大人になればその見た目にもすっかり慣れてしまい、タコの踊り食いまでできてしまうほどです。 しかし!大人の皆さん、油断は禁物ですよ。 今回は、再び「タコ」が地球外生命体に思えてしまう衝撃的な事実をお伝えしたいと思います。 見出しからして、もうドキドキが止まらないのではないでしょうか。 そうなんです。 ひとつはメインと言える「心臓」です。 人間の心臓と同じように、全身に血液や酸素を送る役割をもちます。 残りのふたつは「鰓(えら)心臓」と呼ばれるもので、左右の鰓にひとつずつ配置され、鰓には血液を筋肉には酸素を送るための役割があるそうです。 しかし、同じ海の生物にも鰓はついているのに、なぜタコには専属の心臓が必要なのか……。 それはタコの体質に関係していました。 タコが一目散に姿を消す様子をテレビやダイビング中に見たことはありませんか?タコの体はほとんど筋肉でできており、猛スピードで泳ぐことが容易な海のアスリートです。 その筋肉を機敏に動かすには大量の酸素を必要とするため、心臓が3つできたと言われています。 タコが地上の生き物として生まれなくて、本当によかったですね。

次の